犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

老犬の散歩ってしてあげたほうが良いの?

2016-04-04_140640

 

 

老犬でも、ある程度の散歩は必要ということはご存知でしたか?

 

年をとったから、散歩に連れて行くと可哀想と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、歩けるのであれば、連れて行きましょう。

 

 

では、なぜ老犬の散歩は必要なのでしょうか?

 

詳しくご説明していきたいと思います。

 

Sponsored Link

 

 

老犬の散歩の必要性

2016-04-04_142842

 

 

実は、意外と知られていないことかもしれませんが、家の中で過ごす方が老化が早まるといわれています。

 

さらに、散歩を犬の年が理由で制限してしまうと、犬は大きなストレスを抱えてしまいます。

 

なぜなら、運動不足になる以外にも、太陽の光に当たる機会が少ないからです。

 

 

太陽の光はとても大切で、多くの動物が必要としているもので、日光にあたるということは、メラトニンというホルモンが分泌されます。

 

これは、体内時間をしっかり整えてくれる効果があるといわれています。

 

 

他にも、太陽の光を浴びながら散歩をすることは、自律神経を整えてくれます。

 

少しの散歩でも体を動かしますので、筋力の維持にも繋がり、夜ぐっすり眠るということになります。

 

 

 

これが、老犬の散歩の必要性です。

 

 

夏場と冬場の散歩には注意

2016-04-04_202609

 

 

出来る限り散歩には連れ出したほうがいいといわれていますが、夏の暑さは犬には大きな負担です。

 

夏の暑さで、地面は高熱になっていますので、暑い時間に散歩させてしまうと、足の裏を痛めてしまいますので絶対に避けましょう。

 

夏の散歩は、水分補給を忘れないようにしてくださいね。

 

 

そして冬場も、寒さから愛犬を守るために洋服を着せたり、出来る限り暖かい時間に散歩させて風邪を引かないように注意しましょう。

 

 

歩くペースは、犬にあわせましょう

2016-04-04_203052

 

 

老犬になってくると、毎日散歩に行く必要はありませんが、散歩に行く際は犬の歩くスピードにあわせてください。

 

成犬のときのように、スタスタ歩くと犬には負担です!

 

 

また、散歩中なかなか歩かなくなったり、立ち止まるといった行動がみられたら、その距離は長すぎるのかもしれませんので、次から距離や時間を短くしましょう。

 

休憩も小まめにいれてあげてくさださいね。

 

 

飼い主様と一緒に、外に出て外のいろんな匂いを嗅ぐだけも、老犬にとってはとても楽しく幸せな時間になります。

 

逆に、外に出たがる元気な老犬は、1回の散歩量を10分程度にし、散歩の回数を増やすことで犬自身飼い主とふれあう時間が増えて、とても喜んでくれます。

 

 

歩行困難な犬にオススメグッズが!

2016-04-04_203511

 

 

歩行ができない犬も、心の中では「元気に歩きたい!走りたい!」ときっと思っています。

 

そんな愛犬のために、歩行補助のグッズが発売されています。

 

前足用ハーネス、後ろ足用ハーネス、胴輪、さらにはペットカートが発売されています。

 

 

お値段は少々かかりますが、後ろ足が全く動かない犬用に、職人さんが手作りで駒のついた補助カートも作ってくれるところもあります。

 

愛犬のサイズに合わせて作ってくれるようですので、一度相談するのもよいかもしれませんね。

 

 

ですが、間違ってもリードやタオルといったもので、犬の歩行補助はしないでくださいね。

 

この行為は、犬の体に大きな負担がかかってきます。

 

 

まとめ

2016-04-04_203632

 

 

老犬だからといって、散歩をしなくなってしまうと、犬は大きなストレスを感じてしまいます。

 

散歩は、太陽の光を浴びることで、体内時計を整えてくれたり、筋力の維持にも繋がるので老犬も夜ぐっすり眠ることができます。

 

 

散歩中は、小まめに水分補給を行い、夏の暑さや冬の寒さには老犬には負担がかかってきますので、時間をずらしたり、洋服を着せたりと対策をとりましょう。

 

 

また、歩行が困難な犬に対しても、さまざまなグッズがでているので、少しでも歩く元気があるのであればこのようなグッズを使って歩くこともおすすめします。

 

 

 


Sponsored Link

 

老犬について   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る