犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

手遅れは禁物で早期発見が大切!老犬の床ずれの症状とその対処法

2016-05-03_123723

 

 

高齢になってくると、病気やヘルニアといった症状、体力の衰えが原因で、歩行が困難になってしまい寝たきりになってくる時間が増えてしまいます。

 

このように、寝たきりの状態になってしまった場合、気をつけないといけないのがこの床ズレです。

 

今回は、そんな床ずれについてご紹介していきます。

 

Sponsored Link

 

 

床ずれとは?予防方法はあるのか?

2016-04-10_095257

 

 

床ずれとは、主に床といった物に、長時間犬の体が接することで圧迫してしまい、血流の流れが悪くなり皮膚や筋肉が壊死してしまった状態をいいます。

 

老犬の場合、短い時間でも床ずれの症状は出ることが多く、万が一愛犬が寝たきりになってしまった場合、より注意して愛犬の皮膚の状態を観察しなければなりません。

 

しかし、長時間、体の同じ部分がマットや床で圧迫されることを防げば、予防することも十分可能となってきます。

 

 

床ずれの出来やすい部分

床ずれは、いったいどのようなところに出来やすいのでしょうか?

 

一般的に出来やすい箇所は、ほお、首、肩、肘、腰、かかと等があげられ、筋肉が薄く身体を横に倒した時に床に強くあたる場所が、よくできるといわれています。

 

特に、このような部分の皮膚の状態に注意しなければなりません。

 

 

また、この床ずれは、一度発症すると再発しやすいやっかいな症状ですので、できるかぎり早期発見で対策をとるほうがいいでしょう。

 

 

床ずれの症状は?

床ずれを発症すると、水ぶくれのようなものができ、破けてジクジクとしています。

 

また、症状の進行が進むと、皮膚が赤くなり皮下組織にもその症状はあわられ、最悪の場合、骨や関節へも悪影響を及ぼすこともあるといわれています。

 

 

また、患部から細菌感染すると、膿がでたりすることもあります。

 

このような場合、早めに獣医師に診せて対処してもらう方が一番ですが、寝たきりの愛犬を動かすのもとても大変ですよね?

 

ですから、早期発見は大切と言うことになりますね。

 

 

床ずれのサインは?

では、早期発見する前に、床ずれのサインを見逃さないようにしなければなりません。

 

先ほど述べたできやすい箇所の皮膚の状態を見るのが一番いいといわれます。

 

皮膚が赤くなったり、皮膚がじくじくする、毛が何かの分泌物でベタベタしてきたといった症状が現れると要注意です!

 

 

床ずれの予防方法

2016-05-03_115733

 

 

では、予防するにはどのような方法があるのでしょうか?

 

もちろん、犬の体を圧迫させないようにすることはとても大切ですが、犬の体を清潔にすることも、同じくらい大切だといわれています。

 

 

犬の介護用品で、専用のマットが発売されていますので、是非一度使用してみてはいかがでしょうか?

 

この際に、愛犬が横になっている時に、一箇所に体重が集中しないように注意しましょう。

 

また、足の関節といった部分には、タオルを巻くと直接骨同士が当たらなくていいといわれます。

 

 

 

寝返りの目安は、約2時間ほどといわれておりますが、これはあくまでも目安となりますので、、犬の状態によっても変化します。

 

詳しくは、獣医師に相談しましょう。

 

 

寝返りを行う場合は、可能であれば背中が上になるように、寝返りを行ってください。

 

お腹を上にした状態で、寝返りを行うと、内臓に負担が掛かってしまうからです。

 

また、寝返りを嫌がる場合、体位はそのままで、軽く犬の体を持ち上げるといった行動をとるだけで、血流が回復するといわれ、一定の効果があります。

 

 

まとめ

2016-05-03_123127

 

 

床ずれは、犬の体が圧迫されることで、血流が悪くなっておこるといわれています。

 

ですので、2時間置きに寝返りをさせる必要があり、犬用の介護グッズのなかに、専用のマットが販売されていますので、このようなグッズを使うといいでしょう。

 

また、足の骨同士がずっと接触していても床ずれはおこりますので、足の場合、タオルを巻いたりして予防することができます。

 

この床ずれは、1度発症するとなりますいといわれていますので、予防や早期発見が必要となってきます。

 

 

 


Sponsored Link

 

老犬について   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る