犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

なんだかイライラしてる?老犬の正しいストレス発散方法

 

 

犬も長寿の時代になりました。

 

それに伴い、犬たちが老化により感じるストレスも大きくなっています。

 

ストレスは犬たちの健康にとっても大敵です。

 

 

ではどうしたらこうしたストレスを発散させてあげられるのでしょうか?

 

今回はその方法についてご紹介いたします。

 

Sponsored Link

 

歩行補助ハーネスや車いすを使っての散歩

 

 

過度な運動は負担になりますが、かといって1日中家の中で寝てばかりでは愛犬たちも憂鬱な気持ちになってしまうでしょう。

 

足元がふらついてきたり、上手く立ち上がれなくなってきた愛犬でも歩行補助用ハーネスを使えばまだまだお散歩を楽しむことができます。

現在では多種多様な歩行補助用ハーネスが開発されていますので愛犬に合ったものを見つけてあげてください。

 

短い時間だけでも可能な限り毎日、散歩を継続させてあげることが愛犬に「まだ歩けるんだ」「散歩に行けるんだ」という自信と希望を与え、気持ちを明るくさせるでしょう。

 

 

 

足が不自由になった愛犬には車いすもオススメです。

 

歩きたいのに歩けない、走りたいのに走れない、というのは犬にとっても人にとっても辛く大きなストレスを感じることでしょう。

 

車いすで再度、走れるようになれば愛犬に前向きな気持ちを取り戻してあげることができます。

 

 

スキンシップの時間を増やす

 

 

年齢を重ねると不安や孤独を感じやすくなります。

 

寝ている時間の多くなった愛犬には家族とのスキンシップがより一層大事になってきます。

 

 

全身を撫でてあげる、マッサージをしてあげる、優しく声をかける、そんなことを頻繁にしてあげることで彼らの不安や孤独は和らぎ、ストレスも軽減されるでしょう。

 

身体に刺激を与えることにより、脳も刺激されて老化を遅らせる効果も期待できます。

 

 

フレッシュな空気は愛犬の精神安定剤

 

 

散歩が難しい体調の日には窓を開けて外気に触れさせたり、室内で日光浴させてあげましょう。

 

一緒に日光を浴びながらマッサージしてあげるのもいいですね。

 

 

フード入りのおもちゃで遊ぶ

 

 

高齢になるとおもちゃに興味を示さなくなってくる子が多いようです。

 

そんな愛犬にオススメなのがフードを入れられるタイプのおもちゃ。

 

 

好物をおもちゃに詰め込んで与えることで嗅覚が刺激されて興味を示し、遊ぶようになるかもしれません。

 

なるべく今まで通りの生活をさせてあげること、が愛犬にとってのストレス発散になります。

 

 

犬用バギーに乗せてお出かけする

 

 

もし愛犬が寝たきりになってしまったら・・。

 

良いものがあります!

 

街で犬をバギーに乗せて歩いている人たちを見たことはありませんか?

 

 

今は介護用に大型犬用のバギーもあります。

 

自力で歩けなくても一緒に外に出かけてフレッシュな空気に触れたり、太陽を浴びたり、いろんな匂いを嗅いだりすることでストレスの発散になります。

 

 

高齢犬に合った食事と環境を整える

 

 

食事やサプリメントを高齢犬用のものに変えてあげるのも有効でしょう。

 

年をとると温度の変化に弱くなり、ストレスを感じるようになります。

 

エアコンや洋服、クーラーマット、ホッカイロなどを使い、寒さ対策、暑さ対策をこまめにしてあげてください。

 

 

また床にコルクマットなどを敷いてすべりにくくし、愛犬が歩きやすい環境を整えてあげるのも大切です。

 

 

まとめ

 

 

愛犬が「起きている時間」をなるべく長くしてあげましょう。

 

難しいことをしなくてもあなたがそばにいて優しくなでてあげたり、スキンシップの時間を増やしてあげるだけでいい刺激になります。

 

老化はすべての生きものに訪れる避けられないもの。

 

けれど変化に早く気づき、ケアをしてあげることでより長く愛犬とのハッピーライフを送ることができます。

 

 

あなたの愛犬に合ったストレス発散方法を取り入れ組み合わせて、老犬と素敵な毎日を楽しんでくださいね。

 

 

 


Sponsored Link

 

老犬について   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る