犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

ログハウス・ペンション・旅館?目的別のペット同伴宿選び!失敗しない為の注意事項

2016-04-20_215158

 

 

旅の目的地が決まり、移動手段も決まれば次は宿泊施設を決める事になりますよね。

 

ペット同伴の旅行者が増加し、ペットと宿泊できる宿が、日本中にたくさんあります。

 

様々なサービスを提供するペンション・旅館・ホテル。

 

 

では宿を決めるときどのようなタイプの宿が自分と愛犬の旅に最適なのでしょうか?

 

また素敵な旅の思い出を残すためには、どのような事に注意すべきなのでしょうか?

 

 

「失敗しないペット同伴の宿選び」をいろいろな角度から考えてみましょう。

 

Sponsored Link

 

 

宿泊施設に何を求めますか?

2016-04-20_212702

 

 

あなたの条件や目的によって適した宿の選択肢は変わってきます。

 

一つずつ見ていきましょう。

 

 

ログハウス・コテージ

2016-04-20_213058

 

 

例えば観光地に近く、移動の便利さを求めて、「素泊まり」出来る宿を探すのであれば、犬連れ旅には「ログハウス・コテージ」形式の宿泊施設が便利です。

 

これらの施設はほとんどが一棟家屋ですので、少しくらいペットが吠えても、また騒いでもあまり気にせずゆっくり過ごせるのが魅力ですよね。

 

しかもほとんどの施設が室内でペットを自由に過ごさせる事が出来るので、パートナーもゆっくり旅の疲れを癒せます。

 

 

ペット同伴可能なコテージでは、プライベートの小さなドッグランを併設したり、施設エリアに共用のドッグランを備えています。

 

またこれらのコテージ・ログハウスのロケーションは、山・川・海など自然をたっぷり満喫できる地域。

 

パートナーも大喜びでしょう。

 

もし愛犬が吠えグセがあったり、他の犬とコミュニケーションが苦手なタイプならログハウス・コテージタイプの宿はオススメですよ。

 

 

ペンション

2016-04-20_213200

 

 

ですが、せっかく旅に出たのだから郷土料理のご馳走も食べたい、温泉も入りたいとの思いは旅好き共通の望み。

 

このような旅人にはペットOKのペンションがオススメです。

 

 

看板犬がいて、ペット同伴可能のほとんどの施設は、愛犬家のオーナーが経営するペンションです。

 

犬連れ旅人を優先的に受け入れてくれます。

 

 

またペット同伴客を優先的に受け入れている宿では、ロビー・食堂へのペット同伴可のペンションもあり、ペット用の食事を提供する施設もあります。

 

飼い主が食事中、ペットは部屋のケージでお留守番という不便もなくゆっくりと食事を楽しめるのでとても便利。

 

 

ですが、他の犬も宿泊するので、食事中はおとなしくフセをして待てる、ほかの犬に攻撃的にならない等最低限のしつけは必須です。

 

 

和風旅館

2016-04-20_213317

 

 

温泉のある和風旅館でもペット宿泊可能な施設もあります。

 

しかも部屋食が出来る宿なら犬連れ旅人には本当に嬉しいですよね。

 

 

ですが、残念ながら小型犬に限る旅館が多いのも実情。

 

我が家は大型犬ですので、利用できない場合が多く、この点ではまだまだペット先進国の欧米のようにはいきません。

 

 

またこれらの旅館の場合、他の犬連れでない一般の宿泊客も受け入れていますので、ペットと一緒に立ち入り出来る場所はどうしても制限されてしまいます。

 

もし和風旅館を選択されるのであれば、部屋数が限定されていますので、早めに予約される事をお勧めします。

 

 

宿を決める前に是非確認を

2016-04-20_214936

 

 

ホテル・旅館によってはペットも同伴可能となっていても、あまり優先的に受け入れていない施設もあります。

 

筆者も「ペット同伴可」で予約をとり、実際に泊まってみて、何かと気兼ねする事も多く、あまりリラックス出来なかった経験があります。

 

これではせっかくの旅も台無しですよね。

 

 

ですので宿の検索HP等で多くの宿泊施設を検索し、最終的に宿泊施設を決める前に電話・メール等で確認する事をおすすめします。

 

「食事の場所」

 

「食事中、ペットをどうするのか?」

 

「ペット用の設備が整っているか」

 

「部屋にケージがあるかどうか」

 

「宿の周辺に散歩に適した場所・ドッグラン等があるか」

 

 

これらを確認すれば、安心して利用する事が出来ます。

 

つまりペットの設備やアメニティが充実していれば、ペット同伴の旅人を優先的に受け入れている宿だと言えます。

 

 

観光地でいっぱい遊んだ後パートナーと過ごす宿でのリラックスタイムは、ペット同伴旅行の素晴らしい思い出タイム。

 

宿泊施設を決めることは、素敵な旅の思い出を残すために最も大切な事です。

 

犬連れ旅を満喫するために、不安があれば事前に確認される事をおすすめします。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬旅について   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る