犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

犬にフードを与える時間や量ってどうやって決める?間違うと大変な事態に・・・

犬の食事しつけと時間と量

 

 

犬の食事は、毎日のしつけの基本にもなりますし、食事は犬の身体をつくる大切なものです。

 

こちらでは、食事のしつけ、時間や量についてお話しします。

 

Sponsored Link

 

犬の食事の時間は、いつにしたらいいの?

犬の食事時間は

 

 

犬の食事は、家族全員が食べ終わった後に与えます。

 

犬が1番最後に食べるようにするということです。

 

帰宅が遅い家族がいる場合は、難しいと思うので、犬と過ごしている家族が食べ終わった後、最後に与えましょう。

 

 

それは何故かというと、犬の社会では、上位の者から食事を始めおいしいお肉を食べ、最後の下位の者は、余った骨についたものをしゃぶったりして食べるのです。

 

ですから、犬は食事の順番イコール偉い順番だと認識するのです。

 

 

犬に催促されて、すぐに食事を与えることもしてはいけません。

 

自分の指示によって飼い主が動いたと認識してしまい、犬の方が上位になってしまいます。

 

そうならないためにも、食事の時間は、飼い主の都合で決めましょう。

 

 

ドッグフードの量はどれくらい?

ドックフードの量

 

 

ドッグフードは、毎日決まった量を与えます。

 

ドッグフードのパッケージには、何kgの犬は、何gくらいという表が書かれているので、そちらを基準にして、自分のお家の犬に合う量を決めていきましょう。

 

その基準の量で太るようであれば、少しずつ減らし、痩せるようであれば、少しずつ増やして行きます。

 

 

ドッグフードは、毎日数粒多いだけで、かなり太っていくので、必ず重さを計って与えましょう。

 

 

食事のしつけのポイントとは?

犬の食事しつけ方法

 

①食事の前には、マテをして我慢をさせる

 

犬に食事を与える前には、必ずスワレ、マテ、ヨシをしてしつけてあげます。

 

食事という褒美があるので、なかなか上手くいかないことも、成功しやすくなります。

 

 

マテが出来ると、外で危険なことが起きても回避できることもあります。

 

子犬の頃からしっかりとしつけましょう。

 

 

②食事はいつも同じ場所で

 

犬は、寝床、トイレ、食事の場所などを決めて生活しています。

 

散歩中の拾い食いや、家での盗み食いなどを防ぐために、いつも決まった場所で食べさる習慣をつけましょう。

 

たまねぎやチョコレート、たばこや生ごみなどの拾い食いは、とても危険です。

 

 

③残した場合は片付ける

 

フードを残してしまったら、すぐに片付けます。

 

いつでも食べられると思い、あまり食べなくなったり、だらだら食べていると肥満の原因にもなります。

 

しっかり毎食食べてくれるようにも、食事の時間しか食べられないんだと教えてあげましょう。

 

 

食事は、犬との暮らしの中でとても大切な時間

犬の食事は大切

 

 

食事は、いろいろなしつけを教えたり、体重を管理したり出来る、特別な時間です。

 

 

「いつもと同じ速さで食べているか?」「食いつきが悪くないか?」などがわかります。

 

目立った症状が見られなくても、食欲が少し落ちたということで、血液検査などをして、病気の早期発見に繋がることもあります。

 

食事の時間は、食欲をチェック出来る時間でもあるので、よく注意して見てあげましょう。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の食事   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る