犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

飼い主が悪い!?愛犬が肥満になる決定的な原因とは・・・?

2016-02-17_213957

 

 

様々な理由と原因で起こってしまう「犬の肥満」ですが、そのほとんどの原因を作り出しているのが飼い主である事をご存知でしょうか?

 

これはパートナーを家族の一員として扱う愛犬家にとっては驚きの内容です。

 

なぜこのような残念な結果になってしまうのか、

 

 

その理由について考えてみましょう。

 

Sponsored Link

 

 

ついお菓子をあげていませんか?

2016-02-17_214323

 

 

市販のペットフードは総合栄養食です。

 

つまりペットフードは、ペットの犬種・年齢・体質・体型等を考慮しながら作られた最良の食事。

 

 

ペットフードと水があれば生きていけるという、犬にとって必要な栄養素を全て含んでいる食事なのです。

 

 

ですのでおやつ等他の食べ物を与える事は、一日に必要なカロリーを過剰摂取してしまう事になります。

 

ご褒美などで、おやつを与えた時は、フード量を少し減らすなどの工夫が必要です。

 

 

また誘惑に負けてつい与えてしまうのが「人が食べるお菓子類」。

 

人が食べる食品は、肥満だけでなく様々な病気を引き起こし、命にかかわる事もあります。

 

大切なパートナーを苦しめる事にもなりかねないので、与えないようにしましょう。

 

 

あなたのパートナーが必要とする運動量はご存知ですか?

2016-02-17_214743

 

 

一般に犬はとても活発で行動的。

 

ですが最近は屋内飼育が増加し、運動量が不足していると言われています。

 

それにより肥満傾向にある犬が増加しているのは日本だけではありません。

 

 

ヨーロッパの国々・アメリカ等でもこの問題に警告を発しています。

 

さらに体の大きさだけでなく、犬種によっても必要な運動量は異なります。

 

 

パートナーが求める運動量を知り、それに見合った運動を与えてあげるのがドッグオーナーの大切な役割です。

 

 

フード選びと与える量は間違っていませんか?

2016-02-17_214910

 

 

様々な種類のフードが出回っています。

 

仔犬を家へ迎えた時、ショップが進めたから、獣医に勧められたから等、フードを決める理由は様々です。

 

 

ですが、ライフスタイルでフードを見直す事も大切なポイントと言えます。

 

よく食べるからと一生同じカロリー・栄養素のフードを与え続けるのはお勧めしません。

 

これも摂取カロリーが多くなりすぎる原因の一つと言えます。

 

 

つまり愛犬の年齢にあわせて必要とするカロリー、一日の食事量をきちんと把握する事が大切です。

 

欲しいだけ与えたり、日によって異なる量のフードを与えるとかえって太ってしまう結果に。

 

ライフステージに合わせた量を正確に与えるように心がけて下さい。

 

 

現在のパートナーに最適のフードを選び、食事量を決める事は、パートナーを太らせないためにも、健康を維持するためにも大切なポイントです。

 

 

定期的な肥満度チェックを行っていますか?

KIMG0055edited

 

 

定期検診では必ず体重を計りますが、検診だけでなく、自宅でも肥満度チェックを習慣にする事をお勧めします。

 

BCS(ボディコンディショナルスコア)を使えば、簡単にパートナーの肥満度チェックが行えます。

 

またこのチェック方法では、普段グルーミングだけでは見つけにくい「しこり」等を発見することも。

 

BCS法はパートナーの体に触る事でスキンシップも出来るという、優れものの肥満度チェック方法です。

 

 

避妊・去勢をした犬

2016-02-17_215610

 

 

最後に、避妊・去勢をした犬についてお話します。

 

病気のリスクを減らすために「避妊・去勢手術」を受けさせる愛犬家が増えています。

 

去勢・避妊をする事で、消費カロリーが減少し、太りやすい体質になります。

 

肥満させないためにも、1日に与えるフードを規定量より少なくする等の工夫が必要です。

 

 

犬が肥満になる事で、心臓・関節等に負担がかかり、苦しむのは大切なパートナー。

 

私たちの何気ない習慣が犬を太らせる原因を作り出していたのですね。

 

一つでも思い当たる事があれば、パートナーの命を守るために日常の習慣を見直してみませんか?

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の食について   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る