犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

老犬の流動食の役割や種類って?市販のおすすめ商品と手作り時のコツ

2016-05-03_124403

 

 

老犬が自らの力で、餌を食べてくれることはとても素晴らしいことです。

 

ですが、さまざまな原因で、自力でご飯を食べることが困難になってくることも出てきます。

 

何を与えても食べないと、飼い主様も頭をかかえてしまうこともしばしば。

 

 

そんな時に役に立つにが、流動食ということになります。

 

今回は、老犬の流動食について詳しくご紹介していきたいと思います。

 

Sponsored Link

 

 

老犬に必要な栄養を把握しよう!

2016-05-03_124558

 

 

基本的に、成犬と老犬では、必要な栄養素は違います。

 

老犬の食事管理では、基本的に、高カロリーで高栄養、そしてなにより消化に優れており、たんぱく質や脂肪、ビタミンも一緒に摂取できる食事が一番の理想です。

 

 

このように、成犬とは明らかに栄養バランスが違うのに、急に食べなくなってしまうと、犬の体は痩せていく一方です。

 

そして、体力も免疫力も落ちてしまい、感染症や病気を発症することも十分にありますので、物を食べるということはとても大切なことになりますね。

 

 

ですので、このようなことを防ぐ為に、犬用の流動食が市販でも発売されるようになりました。

 

 

流動食の必要性

よく勘違いされる方もいらっしゃいますが、流動食は病気食ではありません

 

流動食とは、消化吸収をよくするための食事のことを指しますので、流動食を使う老犬の多くは、固形物を噛む力が弱い、もしくは歯がない老犬に与えられることが多いと言われています。

 

 

市販でおすすめの流動食

犬を飼育する方が多くなってきた現在では、数多くの流動食が市販で発売されています。

 

その中でも、おすすめをご紹介していきたいと思います。

 

ニュートリカル

2016-05-03_125126

 

高カロリーで、ビタミンやミネラルをしっかり含み、ペースト状のサプリメントです。

 

嗜好性が高いことから、古くから人気で、食欲不振になった老犬に特に愛用されています。

 

 

カロリーエースプラス

2016-05-03_125233

 

その名の通り、カロリーが高いことで知られており、痩せてきた老犬に使うといいでしょう。

 

 

流動食の与え方

2016-05-03_125455

 

流動食を老犬に与える際、注射器のような形をした「シリンジ」といわれるものを使用します。

 

もちろん、針はついていません。

 

このシリンジを遣い、老犬の口の中に流しこむようにして使います。

 

 

また、与える際には犬の頭を立ててあげると、ご飯の逆流や気管へ入り込むことを防ぐことができます。

 

一気に与えるのではなくて、流動食は、少量ずつ与えることが基本ですので、与えている際に嫌がるようなら無理に流し込まないように注意しましょう。

 

 

流動食は手作りできる?

流動食は、動物病院で処方してもらうもが、一番安心で安全だといわれていますが、どうしてもお金がかかってきてしまいすよね?

 

最近では、愛犬のために流動食を手作りされる飼い主様も増えてきているといわれます。

 

 

流動食を作りたい場合は、牛肉や豚肉、鶏肉のミンチがおすすめで、これは脂肪分が少ないからだと言われています。

 

 

アレルギーがある老犬の場合、肉を魚に変えてつくることもできますよ。

 

このように肉や魚、キャベツや人参、海草等をミキサー等を遣い、細かくして一緒に煮込みスープをつくります。

 

中には、ゼラチンや寒天で固める方もいらっしゃいます。

 

 

とろみをつけるのには、本葛粉を使用するといいといわれ、少々お値段ははります。

 

 

しかし、この本葛粉には、胃の粘膜の保護や血行促進おといった免疫機能を高める効果があるといわれますので、手作りされる方は是非一度試してみてはいかがでしょうか?

 

 

ドックフードを流動食に?

上記のように、ここまで作ってあげれる時間がない!という飼い主様に、もう1つ方法があります。

 

もちろん、市販の流動食を購入したり、獣医師から処方されるものを使ってもいいのですが、あなたの愛犬がドックフードが好きだけど、食べたいのに食べれない場合です。

 

そのフードを流動食にしてしまうという手段もあります。

 

作り方はいたってシンプルで、ドックフードをミキサーですり潰し、水と混ぜたら流動食の完成です。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

流動食は、消化吸収をよくするための食事で、最近では多くの流動食が市販されています。

 

流動食を愛犬に与える際には、シリンジというものをつかって、口の中に流し込みます。

 

 

また、流動食を手作りで与える方も増えており、さまざまな食材をアレンジしたり、「その日の体調に合わせてつくることができます。

 

時間がない方には、ドックフードをミキサーにかけて細かくしてふやかして与える方法をとっている方もいらっしゃいます。

 

 

以上の事を参考にしてあなたの愛犬に合った流動食の活用法を試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の食について 老犬について   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る