犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

マジで・・・国産ドッグフードは避けるべき?海外産を買った方が良いの?

 

 

普段のお買い物では人の食べるものは国産の方が安心できると選ぶ人は多いです。

では、愛犬に与えるフードはどうでしょう?

 

ドッグフードも国産と外国産の物が数多く売られていますが、同じように国産なら安心だと選ぶのは実は間違っているのかもしれません。

Sponsored Link

 

国産と外国産、どちらを選ぶ?

 

 

口に入るものだから国産の方が安心だと思ってしまいがちですが、実は日本ではドッグフードは食品ではなく、「雑貨」と分類されています。

 

そのため、メーカー側に添加物などの記載の義務はなく、実際のところ何が入っているのか分からない部分もあります。

 

だからといって国産のものが全て不安だということはありません。

 

最近よく見かけるプレミアムフードと呼ばれているものは、原材料にもこだわっていて、添加物も入っておらず安心して選ぶことができます。

 

国産のドッグフードを選ぶときには、安価なものは避け、愛犬の年齢や体質に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

 

次に外国産のドッグフードですが、海外ではペットフードの添加物や栄養面での基準が日本よりも厳しいため、国産の物より品質の良いものが多いです。

 

国によっては犬を守る法律も日本と違って厳しく整えられていて、犬が安全で幸せに暮らすことができるようになっています。

 

そのため、食べ物に関してもきちんとした品質のものが製造・販売されているのです。

 

ですが、中には安価で販売されているものもあり、外国産だからすべてが安全で安心というわけではありません。

 

 

原材料で選びましょう

 

 

原材料でも国産と外国産のものでは違いがあります。

 

国産のものはトウモロコシなどの穀物が多く含まれているものが多いのですが、犬の消化器官は穀物を上手く消化できないため、避けるようにしましょう。

 

ドッグフードを選ぶときには原材料を必ずチェックするようにして、ビーフやチキンなどの肉類がメインで使用されているか、添加物などが含まれていないかどうかを見ることが重要です。

 

 

避けなくてはならないもの

 

★犬の体質に合わないもの

国産や外国産に関わらず、品質が良くて高価なフードでも、それぞれの犬の体質に合わないものを与えると体調を崩します。

 

アレルギーなどがある場合は、それに合わせた療法食などを与えるようにしましょう。

 

 

★安価すぎるもの

良い素材から作られたフードは、それなりの価格がします。

 

安価なものはそれなりの材料で作られているということを頭に置いておきましょう。

 

 

★中国産の物

外国産の中でも、中国産の物はやめておきましょう。

 

中国産のものは過去に犬の健康に被害を及ぼし、ニュースにも大きく取り上げられました。

 

ほとんどが安価で売られていますが、ドッグフードを選ぶ時は裏面の記載などをしっかり確認して、信頼のできる国やメーカーを選ぶことが大事です。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の食について 犬の食事   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る