犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

パピオンの飼い方!特徴や性格と絶対気をつけたい事は?

2017-11-06_221759

 

 

蝶のような耳の飾り毛が特徴的なパピヨンは、室内犬にぴったりで、とても人気がありますよね。

 

 

そんなパピヨンの特徴や、飼う上で気をつけたいことなどをお話します。

 

Sponsored Link

 

どんな犬種なの?

原産国はフランスで、先祖は小さいスパニエルなので、一寸法師のスパニエルとも呼ばれていました。

 

犬種名は、耳が蝶の羽のように見えるということから、パピヨンとつけられました。

 

 

性格は?

 

優美で気品があり、軽快な歩き方です。

 

活発で明るく、人懐っこく、賢いです。

 

少しわがままなところもあり、咬みぐせがついてしまう子もいるので、注意が必要です。

 

 

価格の相場は?

 

10万〜20万円と言われています。

 

 

かかりやすい病気は?

 

膝蓋骨脱臼、僧帽弁閉鎖不全症、進行性網膜萎縮症、白内障、眼瞼内反症、脱毛症

 

 

飼う上で気をつけてあげたいことは?

2017-11-06_230937

 

 

①甘やかさずに厳しくしつけたい

 

利口で賢いので、飼い主がしっかりしていないと、言うことを聞かなかったり、咬むようになってしまうこともあります。

 

飼い主よりも自分の方が優位だと思ってしまうのです。

 

犬が家族の中のリーダーになってしまうと、犬の方から吠えて命令をしてくるようになってしまいます。

 

一度そうなってしまうと、しつけをし直すのがかなり難しいので、お家に来た子犬のころから、家族全員で徹底して、甘やかさないようにしつけてあげましょう。

 

 

②床はカーペットや絨毯を敷いてあげること

 

パピヨンなどの小型犬は、膝蓋骨脱臼になりやすいので、フローリングなどの滑る床で走り回らせては危険です。

 

滑った拍子に膝蓋骨を脱臼してしまうこともあるのです。

 

 

遊ばせるスペースには、カーペットや絨毯を敷いてあげて、思いっきり走り回って遊べるようにしてあげるといいでしょう。

 

 

③フィラリアの予防をしっかりすること

 

小型犬ですし、お家で排泄をするのであれば、毎日散歩へ連れて行かないかもしれません。

 

そうであっても、フィラリアの予防をしなくてはいけません。

 

家の中に蚊が入ってくるかもしれないですし、少し外へ出た時に刺されることもあります。
しっかりと予防してあげましょう。

 

 

小型犬でも適度な運動を

2017-11-06_230558

 

 

室内犬ですが、出来れば毎日散歩に連れ出して運動をさせてあげましょう。

 

適度な運動は、健康の維持にとって重要ですし、犬にも日光浴が必要です。

 

パピヨンの長い綺麗な被毛も、日頃のブラッシングや、定期的なシャンプーによって、その美しさを保つことができるので、よくケアしてあげましょう。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の種類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る