犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

シェットランド・シープドッグ(シェルティ)はどんな犬種?特徴や飼い方を知りたい!

2017-11-15_210751

 

 

まるで小さなコリーのような、シェットランド・シープドッグは、シェルティと呼ばれています。

 

知的で気品があって、優美な容姿が人気があります。

 

 

そんなシェルティの特徴や、飼う上で気をつけたいことなどをお話しします。

 

Sponsored Link

 

どんな犬種なの?

2017-11-15_210915

 

 

原産国はイギリスで、牧羊犬として働いていました。

 

優美な姿で、機敏さがあるので、思っているよりも運動量が必要です。

 

トレーニングがしやすく、覚えも早いです。

 

 

性格

 

優しく愛情深く、子供も大好きです。

 

温和で、飼い主に忠実です。

 

神経質だったり、警戒心が強い一面もあるので、人見知りをしたり臆病になったりすることもあります。

 

 

価格の相場は?

 

15万円〜30万円くらいと言われています。

 

 

かかりやすい病気

 

コリー眼異常、てんかん、門脈−体循環シャント、鼻腔内腫瘍、甲状腺機能低下症、白内障、股関節形成不全

 

 

シェットランド・シープドッグの気をつけてあげること

 

①首輪ではなくハーネスを

 

シェルティは、顔や首が細いのですが、首回りの毛のボリュームがあって太く見えがちです。

 

なので、思っている太さの首輪では、簡単に抜けてしまうのです。

 

 

何か大きな音に驚いた時や、興味のあるものへ走ろうとした時に首輪が抜けてしまってはきけんです。

 

ですから、外へ連れ出す時にはハーネスをつけていた方が安心でしょう。

 

 

②小まめな被毛のケアを行う

 

毛も長く、ダブルコートで毛量も多く、ブラッシングをしていないとすぐに毛もつれが出来て、のちに大きな毛玉になってしまいます。

 

毛玉を放置すると、皮膚病の原因になることもあるので、日頃からスリッカーブラシかピンブラシで、よくブラッシングをしてあげましょう。

 

 

耳の後ろ、顎下や胸あたりの毛、足の飾り毛、脇やお尻に毛もつれが出来やすいです。

 

綺麗な毛並みを保つため、マッサージ効果も期待出来るので、よくケアしてあげましょう。

 

 

服を着せたままにしたり、家の中でもハーネスをつけていると、毛玉が出来やすいので、家の中では服は脱がせ、首輪だけにしてあげるといいでしょう。

 

 

ブルーマールには気をつけましょう

2017-11-15_211309

 

 

ブルー、茶色、ホワイトの3色をもつ美しい毛色で人気があるブルーマールですが、両親ともにブルーマールのシェルティの子供は、目が見えない、耳が聞こえないなどの障害を持っていることもあります。

 

なので、ブリーダーからブルーマールを買うという時には、両親を必ず見せてもらいましょう。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の種類   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る