犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

足腰が弱り立つことが困難な老犬のマッサージやリハビリ方法

2016-04-04_102028

 

 

若い頃は、元気に走り回っていた愛犬も、いつかは高齢期に入ってしまいます。

 

高齢期に入った犬には、さまざまな症状が現れてきます。

 

特に、立てなくなるという症状は、見ていても辛いですよね。

 

 

立てない老犬が、少しでも気持ちが落ち着くために、是非飼い主様にしていただきたいリハビリやマッサージがいくつかあります。

 

今回は、立つことが困難になってしまった老犬のリハビリ方法をご紹介していきたいと思いますので、最後まで御覧くださいね。

 

Sponsored Link

 

 

立てなくなった老犬について

まず、リハビリ方法をご紹介する前に、愛犬が立てなくなったしまうと、犬は大きなストレスを感じてしまいます。

 

私たちも同じですが、今まで思うように動けていたのに、体が言うことを効かなくなってしまうと、かなり不便で情けなく感じてしまうものです。

 

犬をはじめ、多くの動物もこの気持ちは同じでしょう。

 

 

このようなことがストレスとなってしまい、夜鳴きを頻繁に繰り返したり、足をひたすら舐めることで赤く変色してしまったり、排泄困難といった行動を起こす犬もたくさんいます。

 

ですから、万が一立つことが困難になってしまった老犬には、飼い主さんがしっかり支えてあげる必要があります。

 

 

立てなくなる前に、気付いて!愛犬のサイン!

2016-04-04_103632

 

 

今日急に立てなくなったという犬は、恐らく少ないでしょう!

 

徐々に立てなくなってしまうパターンが多いので、飼い主様はその愛犬のサインに気付いてあげる必要があります。

 

 

特に、犬は飼い主であるあなたのことが大好きすので、痛みを我慢したりする傾向にあります。

 

ですから、飼い主様も気付きにくいことが多いです。

 

 

では、いったい愛犬はどのようなサインを私たちに送ってくれるのでしょうか?

    • ハ行(ビッコ)
    • 大好きな散歩に行きたがらない
    • 病気(肺炎(咳)で苦しくて立てないという犬もいます。)
    • 歩くスピードが遅くなる
    • オスワリやフセの際に、後脚を崩す

などがあげられます。

 

 

散歩に行きたがらない場合や、歩くスピードが遅いということは、足腰の筋力量の低下が原因だと考えられます。

 

老犬には散歩は必要ないといわれる方もいらっしゃいます。

 

しかし、歩けるうちは、出来る限り歩かせる方が筋力を維持することができます(無理は厳禁)

 

 

ハ行という症状がある場合は、獣医師の診察をオススメします。

 

また、足腰は元気でも、内臓の病気でも立てないという犬が出てきます。

 

 

ちなみに、あなたの愛犬は、咳をしていませんか?

 

老犬になると、肺炎を発症しやすく、苦しさから立とうとしない犬がいますので、咳をしている場合、こちらも獣医師の診察を早い段階でオススメします。

 

他の、原因がみつかることも十分にあります。

 

 

そして、オスワリやフセのときに、後ろ足を斜めに崩したり、前のめりになったりしていませんか?

 

若いうちは、後ろ足もきちんと揃えてオスワリはフセは出来ていたのに、老犬になってから崩すようになったという場合が、脚腰に痛みがある可能性があります。

 

 

では、老犬に少しでも役に立つためにいくつかマッサージやリハビリ方法をご紹介していきたいと思います。

 

 

マッサージとリハビリ方法

2016-04-04_105854

 

 

(マッサージ)

ストレッチ

私たちも、ストレッチをすると気持ちいいですよね?

 

犬はもちろん自分ですることはできませんので、飼い主様が1日1回、犬の足の指を上下に4~5回程動かしてあげてください。

 

他にも、膝や肘の曲げ伸ばしも効果がありますし、足首をくるくるを優しくマッサージ(可動息は狭いので注意!)してあげるだけでも、犬にするととても気持ちいいです。

 

オスワリとフセの姿勢チェック

先ほども述べましたが、オスワリとフセの姿勢が成犬のときと比べるとあきらか悪い場合、きちんと正しい姿勢で座らせましょう!

 

これを直すでも、筋力アップに繋がります。

 

 

リハビリ

足を上げるリハビリ

4本足でしっかり立たせた状態で、左右の足を交互にあげましょう!

 

 

これは、バランス感覚を取り戻すリハビリになりますので、毎日行うといいでしょう。

 

滑らないように、床にマットを敷いたり、倒れそうな場合は、飼い主様が犬を支えてあげて転倒しないように注意しましょう。

 

腕立て伏せによるリハビリ

これは、オスワリとフセを繰り返します。

 

 

あまり回数が多いと、負担になってしまいますので、5回程度でいいでしょう。

 

このリハビリは、前足といった上半身を鍛えてくれます。

 

緩やかな坂の散歩

坂は、老犬に負担では?という意見もあるかと思います。

 

しかし、下半身を鍛えるには坂を上がるのが一番効果が高いと言われていますので、ある程度歩ける犬の場合、毎日出なくても構いません1週間に数回はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

下る時は、真っ直ぐ降りるのではなく、スキーを滑る時のような間隔で、ジグザグで下ってくださいね、その方が安全です。

 

おもちゃを引っ張るリハビリ

子犬の頃、良くおもちゃの引っ張りで遊んだりしませんでしたか?

 

 

老犬では、あまりおもちゃに興味を示さないかもしれませんが、少しでも興味を示すようでしたら、引っ張り合いをするだけで、首や背中の筋肉を刺激します。

 

 

 

他にも、マッサージ方法もリハビリもありますので、どんどん色々な方法を試してみてくだいね。

 

 

但し、生まれつき足(関節)が弱い犬の場合、効果はあまり期待できないこともありますので、獣医師に相談することをおすすめします。

 

 

マッサージは、犬の体全身を触るので、しこりがないかといったことも発見しやすいですし、血流の流れも改善されますので、高齢犬にとっては至福の時間になるでしょう!

 

最近では、犬専用にマッサージやアロママッサージをおこなってくれる場所もあります。

 

自分では自信がない方や、時間がない方は、プロにお任せするのも1つの方法ですね。

 

 

まとめ

2016-04-04_111345

 

 

老犬になってくると、足腰が弱ってきますが、急に立てなくなることはよほどでない限り少ないので、愛犬を良く監察し、早期発見を心がけましょう!

 

症状がでた場合は、必要なら獣医師に相談したり、マッサージ、ストレッチ、リハビリといった方法を試していくことをオススメします。

 

また、早いうちから、グルコサミンやコンドロイチンが配合されたサプリメントを与えるのも良いでしょう。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の病気について 老犬について   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る