犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

現役獣医が教える!ミニチュアダックスのヘルニア『初期症状と予防法』

2016-03-22_191607

 

 

ミニチュアダックスは胴が長く、短い脚が特徴的です。

 

胴が長いことで背中に負担がかかりやすく椎間板ヘルニアを起こしやすいのは有名です。

 

 

椎間板ヘルニアを起こすと少し体を動かすだけでも激痛が走ったり、足の感覚が分からなくなる、進行すると歩けなくなるなどの症状が出ます。

 

どのように予防・対処していけばよいのでしょうか?

 

Sponsored Link

 

 

そもそもヘルニアとは?

2016-03-22_215315

 

 

ヘルニアとは体内の臓器が本来あるべき場所から「脱出した」状態をいいます。

 

一般的にヘルニアというと椎間板ヘルニアと思いがちですが、へそから脂肪などが脱出したものを臍ヘルニア(でべそ)、足の付け根部分の筋肉が裂けて腸や膀胱がはみ出てしまうものをソ径ヘルニアなどといいます。

 

 

ミニチュアダックスは、背骨と背骨の間の椎間板物質が脱出する「椎間板ヘルニア」になることが多く、悩みの種です。

 

椎間板物質は背骨と背骨の間にあり骨同士があたらないために存在します。

 

これが硬くなりはみ出し脊髄を圧迫するために、痛みが出たりひどくなると感覚麻痺がおこってしまいます。

 

 

どのような症状が出るのでしょうか?

椎間板ヘルニアには様々な症状があります。

 

1.なんとなく歩き方が不自然でふらつきがある

 

2.ゆっくりなら歩けるが段差や後ろ足立ちができない

 

3.激痛で動けない

 

4.後ろ足の甲をつけて引きずる

 

5.歩けない、腰が上がらない


1から5に向かって症状がだんだんひどくなります。

 

1~2の段階で治療を開始すると歩行可能になることが多いのですが、3~5の段階まで進行すると回復が困難で歩行できなくなることが多くなります。

 

 

また、脊髄のどの部位にヘルニアが起こるかで症状が異なります。

 

頸椎: 前肢の痛みや麻痺・前肢も後肢も麻痺を起す場合もあります・呼吸停止

 

胸椎: 胸部の痛みや麻痺

 

腰椎: 後肢の痛みや麻痺

 

このようにいためる部位によって様々な症状が起こります。

 

 

また、シェフシェリントン現象と呼ばれる複雑な症状もあります。

 

この場合あちこちに症状が現れ後肢が麻痺し、前肢が伸展(ピーンと突っ張る事)します。

 

 

椎間板ヘルニアの原因

2016-03-22_220319

 

 

椎間板ヘルニアは様々な原因でなります。

 

1. 外部から大きな圧力が背骨にかかる

椎間板はじょうぶな繊維輪という膜に覆われていますが、交通事故や落下などの強い衝撃が加わると膜が破れて椎間板が脱出することがあります。

 

これが脊髄を圧迫し痛みが出ます。

 

 

2. 肥満

体重が過度に増えると骨格系には大きな負担がかかり、ヘルニアになりやすくなります。

 

 

3. 犬種

軟骨異栄養症の犬種は椎間板ヘルニアになりやすいと報告されています。

 

軟骨異栄養症とは軟骨の形成不全で骨が発育しにくくなり骨が短くなります。

 

ダックスフントの足が短いのはこの影響ですが、足の骨だけでなく体全体の骨に影響が出て、骨格系の問題が多くなります。

 

 

予防法はあるの?

2016-03-22_221019

 

 

様々な原因で起こる椎間板ヘルニアですが、予防法はないのでしょうか?

 

 

まず大切な事は「肥満にさせないこと」です。

 

肥満になると背骨への負担が大きくなり、椎間板ヘルニアを起こしやすくなります。

 

子犬からの生活習慣が大切で肥満体質は生後半年までの食生活に左右されると言われています。

 

おやつやカロリーオーバーには十分気をつけてください。

 

 

また、背中を反らせるような姿勢もよくないと言われています。

 

ソファーや椅子の上がり降り、階段の昇降、後足で立ってピョンピョン飛ぶなどの姿勢は要注意です。

 

 

また、全力疾走から方向転換をした際に腰を強くひねるなどは背骨に対しての負荷が大きいので辞めましょう。

 

フローリングや畳の上で足を滑らせることも腰に良くありませんので、足の裏の毛はこまめに切るようにしてください。

 

 

日頃から気をつける事が大切

2016-03-22_221042

 

 

椎間板ヘルニアになり歩けなくなってしまうミニチュアダックスは沢山います。

 

車いす生活になってしまったり、排泄が自力でできず飼主さまが介護しなくてはならなくなったケースもあります。

 

「太らせない」「背骨に負担がかからない生活」を送ることができるようにお気を付けください。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の病気について   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る