犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

最近愛犬の元気がないのは甲状腺機能低下症が原因?獣医師が徹底解説!

 

 

甲状腺機能低下症とは甲状腺から分泌されるホルモンが何らかの原因で減少する病気です。

 

甲状腺ホルモンは体を活性化する方向へ働くホルモンなので、分泌が減少すると脱毛や元気がない、あまり食べないのに太るなどの症状が出ます。

 

Sponsored Link

 

甲状腺とは

出典:淀川中央動物病院

 

 

甲状腺は喉の両側にある内分泌腺です。

 

脳下垂体からの命令に従って甲状腺から甲状腺ホルモンが分泌されています。

 

 

甲状腺ホルモンは「体温を上げる」「ブドウ糖・脂肪・タンパク質の利用や合成を促進する」「神経系や循環器系に対する作用」など様々な働きをもっています。

 

このホルモン分泌が少なくなる病気が「甲状腺機能低下症」です。

 

 

甲状腺機能低下症の症状

では、甲状腺機能低下症になるとどのような症状が出るのでしょうか?

 

全身症状

    • 寒がる
    • いつも通り食べているのに太る
    • 動きたがらずじっとしている

 

皮膚症状

    • 痒みを伴わない左右対称の脱毛
    • 尾の脱毛(ラットテイル)
    • 皮膚が黒ずむ
    • フケが多い
    • 脂漏でべたべたする
    • 被毛が綿毛のようにふわふわになる
    • ケガが治りにくい
    • 悲しげな表情

 

循環器系の症状

    • 脈が遅くなる

 

神経・筋肉系の症状

    • 足を引きずるので爪がすれる
    • 足がおぼつかなくなる

 

目の症状

    • 眼瞼下垂(下瞼が垂れ下がる)

 

 

以上のものは代表的な症状ですが、全体的にとぼとぼして元気がなくなるのが甲状腺機能低下症の特徴です。

 

 

甲状腺機能低下症の原因

甲状腺炎、甲状腺委縮や腫瘍などの甲状腺自体の病気によるものがほとんどですが、甲状腺ホルモンの産生・分泌に関与している脳下垂体などに問題があることもあります。

 

 

また、まれに先天的な甲状腺機能低下症で「クレチン病」があります。

 

そのほとんどが生後4カ月齢以上になってから発症します。

 

特に、大型犬・超大型犬では発症時期が早い傾向にあります。

 

 

また、犬種では柴犬、ミニチュア・ダックスフント、プードル、シェットランド・シープドッグ、ゴールデン・レトリバー、ラブラドール・レトリバーなどで多くみられます。

 

 

甲状腺機能低下症の診断

診断は臨床症状と血液検査で行います。

 

血液検査には様々な種類がありますが、ホルモン測定を行うことが一般的です。

 

一般的な血液検査では軽度の貧血と高脂血症が起こることが多いです。

 

 

甲状腺機能の検査には以下のものがあります。

T4:総サイロキシン
TT4:タンパク結合および遊離サイロキシン
FT4:遊離サイロキシン
TSH:甲状腺刺激ホルモン

 

このような検査の結果を総合的にみて診断します。

 

 

甲状腺機能低下症の治療

甲状腺機能低下症の治療は、甲状腺ホルモン製剤の投与です。

 

甲状腺機能低下症は甲状腺ホルモンの分泌量が少なくなる病気なので、甲状腺ホルモン製剤の投与をやめると補えなくなるので、生涯にわたって投与を続ける必要があります。

 

ただ、漫然と投与していると血液中の甲状腺ホルモンの量が多くなる場合もありますので、定期的にホルモン量の測定をする必要があります。

 

 

甲状腺機能低下症の予防

甲状腺機能低下症の予防方法はありません。

 

何となく元気がない、歳をとったのかもしれない、そのような症状から始まりますので見落としやすい事があります。

 

 

また、クッシング症候群などのほかの部位のホルモン分泌不全の影響を受けることもありますので、他の病気にかかっている場合は要注意です。

 

 

まとめ

甲状腺機能低下症は様々な症状が出ます。

 

痒みを伴わない左右対称の脱毛や、あまり食べないのに太る、何となく元気がないなどが代表的な症状です。

 

 

診断は血液検査で甲状腺ホルモンの分泌量を測定することで可能です。

 

また、治療は甲状腺ホルモン製剤の投与で一生涯投与することが通常です。

 

 

何事も、早期発見、早期治療が大切です。

 

何となく元気がないことを歳のせいにせず、早めに動物病院で診察を受けるようにしょう。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の病気について   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る