犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

実は犬もぎっくり腰になる!その症状と予防・対処法を詳しく解説

2016-04-17_123249

 

 

意外と知られていないことですが、犬にも私たちと同様に、ぎっくり腰になります。

 

その症状もほぼ同じといわれていますが、では、愛犬がぎっくり腰になった場合どのように対処すればいいのでしょうか?

 

 

今回は、このぎっくり腰について詳しくご紹介していきたいと思います。

 

Sponsored Link

 

 

ぎっくり腰とは?

私たちでも、このぎっくり腰になると痛みでたいへん辛い思いをします。

 

小さな犬が、ぎっくり腰になると飼い主としてはたいへん辛いことですよね?

 

 

そもそもこのぎっくり腰とは、これは正式な病名ではありません。

 

本来の病名は、急性腰痛症といわれ、腰付近の筋や関節、椎等のどこかに何らかの負担がかかって炎症が起きたときに発症する病気です。

 

そして、やっかいなことにその原因は不明といわれます。

 

 

ぎっくり腰になった場合

2016-04-17_123930

 

 

万が一、愛犬がぎっくり腰になってしまった場合、多くの犬が歩くこと(散歩等)を嫌がります。

 

背中を丸めたり、触られることも嫌がりますので、この時、痛みから飼い主様に牙を向けることもあるといわれていますので、併せて注意してください。

 

 

また、オス犬の場合、おしっこをする際足をあげると思いますが、ぎっくり腰の時はこの足を上げるという行動をとれなくなります。

 

そして、おすわりという動作はまずできなくなり、痛みから食欲も低下するでしょう。

 

 

なぜ、ぎっくり腰は起こるのか?予防方法は?

2016-04-05_000544

 

 

犬たちの発症するぎっくり腰も同じで、ある日突然やってきます。

 

その中でも特に、老犬や足が短い犬(ダックスやオーギー等)、足腰に負担がかかりやすい犬に多く発症するといわます。

 

 

そして多くの場合、高いトコから落ちたり、上ったりする時に多くの確率で発症しやすいといわれています。

 

高いソファーやベットといったところへ、自由に上り下りできる環境にある犬には要注意です。

 

 

また、上り下りの動作以外にも、室内で飼育されている犬の場合、フローリングにも原因があるといわれます。

 

やはりフローリングは、滑りやすくなりますので、フローリングの上にマットを敷く、もしくは犬専用の靴下を履かせるといった工夫をし、できるかぎり滑らさないように工夫をとりいれましょう。

 

 

ぎっくり腰の対処法

2016-03-23_142404

 

 

ぎっくり腰になると、急に元気がなくなったり、食欲がなくなったりと痛みから犬にははさまざまな症状が現れます。

 

痛そうにする姿を見ると、飼い主として何かしてあげたい!と思うと思いますが、ぎっくり腰の原因は、不明と言われています。

 

ですので、すぐに病院へ連れて行っても、レントゲン検査のは何もうつることがありせんので、対処の仕様がないといわれます。

 

 

では、いったいどうすればいいのでしょうか?

 

ぎっくり腰の場合、安静にさせることが一番のポイントといわれていますので、すぐに病院へ連れて行くという行動は、犬に負担となってしまいます。

 

 

では、どのくらいの期間、様子を見ればいいのでしょうか?

 

約3~4日程度と言われていますが、この期間内に、他に新たな症状がでた場合はすぐに動物病院へ連れて行くといいでしょう。

 

筋や骨格が原因の痛みとは、時間がたてば自然と症状が和らぐことが多いと言われていますので、このように3~4日という期間が目安とされています。

 

 

まとめ

2016-04-17_124400

 

 

犬にも、ぎっくり腰は起こります。

 

特に、足の短い犬や老犬、足腰に負担がかかりやすい犬に多く発症しやすいといわれております。

 

上り下りといった行動から、急に発症するといわれていますが、フローリングといった滑りやすい床も腰や足に負担が掛かるので、原因の1つではないか?といわれます。

 

 

まず、このようなぎっくり腰を疑う症状がみられた場合、まず、いきなり病院へつれていくのではなく、安静にさせて様子をみましょう。

 

これは、筋や骨格が痛みの原因ならば、時間がたてば自然と痛みが和らぐからだと言われています。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の病気について 老犬について   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る