犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

犬のしっぽで感情がわかる?顔だけではなくしっぽも見てみよう!

犬のしっぽの感情

 

 

犬には、たくさんのボディランゲージがあるということを知っていますか?

 

散歩中やドッグランで、他の犬や人間に対して、いろいろなサインを表しています。

 

そのサインを見逃してしまい、危険な目にあってしまったり、相手の犬に攻撃したりすることもあります。

 

Sponsored Link

 

犬にはどんなボディランゲージがあるの?

2017-10-07_084532

 

 

①降参しました!勘弁してください!

完全に仰向けになってしまい、尻尾をお腹の方へまるめてしまうポーズです。

 

かたまって、じっとしてしまい、相手と目を合わせません。

 

この時に、おしっこを漏らしてしまうこともあります。

 

 

②怖いよ?助けてー!!

尻尾をお腹の方へまるめ、体を小さくして震えてしまいます。

 

怖くて助けてほしい時にします。

 

トリミングが嫌いでトリミングに来た時や、動物病院の診察台の上で怖がっている時などに、このポーズになる犬が多くいます。

 

台がガタガタいうほど震えてしまう犬もいます。

 

 

③一緒にあそぼうよー?

前足を前に伸ばして、おしりを高くあげた弓なりのポーズです。

 

このとき、尻尾もふっています。

 

ほかの犬や、飼い主と遊びたい時に、「早く遊ぼうよ!」というポーズです。

 

嬉しいそうな、楽しそうな表情をしています。

 

 

④なにがあった?誰かがきた?

遠くをじーっと観察していて、口を閉じ、背中と尻尾が水平になります。

 

こちらは、何か気になる物音がしたり、誰かの気配を感じている時です。

 

耳をピクピク動かしたりもします。

 

このようなポーズのあと、急に吠えたり走り出したりすることもあるので、散歩中であれば、しっかりとリードを持っていましょう。

 

 

⑤僕の方が強いぞ!かかってこい!

しっぽをピーンと上に立てて、毛も逆立っているのは、怒ったり、受けてたつぞ!というようなサインです。

 

散歩で出会った二頭のお互いが、この状態になってしまうと危険なので、すぐに引き離して、去りましょう。

 

 

⑥リラックスしてます

しっぽをダラーンとたらして歩いている時は、とてもリラックスしている状態です。
リラックスして家にいるときのほとんどは、このしっぽになっているではないでしょうか?

 

興奮してもいなければ、怖がってもいない、安心している証拠です。

 

 

よく犬の行動をみて、感情を読み取ってあげましょう

2017-10-07_090535

 

 

犬はしっぽを振っているからといって、楽しい、ご機嫌というわけではありません。

 

 

興奮している時にも、よくしっぽをふります。

 

犬同士や、犬と人間で、お互い怪我をしないためにも、些細なサインも見逃さずに、関わってあげましょう。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の気持ち   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る