犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

これが真実!犬が散歩を嫌がる時に考えられる4つの原因

 

 

毎日の散歩は犬の健康維持にとって大切ですが、散歩に行くのを嫌がって歩かない犬の話を時々耳にします。

 

犬は基本的に散歩が好きですが、嫌がるのには理由があります

 

なぜ散歩に行くのを嫌がるのか、原因を知って愛犬と楽しくお散歩に行きましょう。

 

Sponsored Link

 

【原因①】精神的なもの

過去に散歩中に嫌な経験をした場合、それがトラウマになっている場合があります。

 

例えば他の犬に吠えられて怖かった、工事や花火などの大きな音に驚いたなどの経験をすると、犬は「散歩=怖い」と学習してしまう事があります。

 

そうなると散歩を嫌がるようになります。

 

また、散歩だと思って喜んで出かけたら動物病院に連れていかれた場合、動物病院嫌いの犬ならトラウマになってしまうでしょう。

 

 

このように、犬は嫌なことはしっかり覚えてしまい、次に同じような状況になることを避け、精神的な面が散歩を嫌がる原因となってしまうこともあるのです。

 

 

【原因②】体に痛みがある

怪我や関節痛など、原因は犬によって様々ですが、体のどこかに痛みがある場合も散歩を嫌がります。

 

飼い主さんが気づかない間に家の中での怪我や、フローリングで滑って脱臼しているようなことも考えられます。

 

また、椎間板ヘルニアなどが原因の場合は腰が抜けたようになり歩けなくなることもあります。

 

このような場合は体のどこかを触られるのを嫌がり、痛い部分を触ると「キャン」と悲鳴を上げることもあります。

 

 

【原因③】体調が悪い

感染症や内臓疾患など、様々な病気が原因で体調が悪い時は散歩だけではなく動くこと自体を嫌がります。

 

感染症などで発熱がある場合は体が怠いでしょうし、腹痛でもじっとしています。

 

 

また、心臓や腎臓疾患であれば少し動くだけで疲れてしまうので、散歩に出てもすぐに帰ろうとするかその場でじっとしているかもしれません。

 

 

【原因④】尿意・便意がない

外で排泄をさせている犬の場合では、単に排泄したくなければ散歩に行きたがらないという事もあります。

 

 

【原因⑤】散歩に行ったことがない

今まで室内だけで過ごしていて散歩にあまり出たことがない犬の場合、外に出ること自体が怖いために急に散歩に連れ出しても歩いてくれないこともあります。

 

 

原因は犬それぞれ違います

 

 

犬が散歩を嫌がる原因はそれぞれの犬の性格や今までの経験などによって様々なものがあります。

 

原因を突き止めるには、犬が散歩中のどの部分で嫌がるのか、嫌がる直前の散歩中に何か犬が驚くようなことがなかったかを考えてみましょう。

 

 

体調面が原因かもしれない時や痛みを訴えるようなことがあれば散歩は排泄のみにしておき、動物病院を受診し原因を探しましょう。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の気持ち   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る