犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

知らないと手遅れになる事も!犬の耳掃除の仕方や頻度は?

2017-10-29_213137

 

 

犬が後ろ足で首筋や耳の後ろを掻いているのを見たことがある人は多いでしょう。

 

これは単純にその場所が痒いせいもあるのですが、実は耳の中が痒い場合もあります。

 

耳が垂れている犬は特に耳の中が蒸れやすくトラブルも起きやすいので、こまめなチェックとケアが必要です。

 

 

自宅でできる耳掃除の仕方や必要なグッズを見ていきましょう。

 

Sponsored Link

 

耳掃除は必要?

2017-10-17_075540

 

 

犬の耳も人と同じように耳垢が溜まります。

 

ケアせずにそのまま放置すると外耳炎を起こし、酷くなると内耳炎になります。

 

また、痒みや痛みがあるため頻繁に耳を掻くようになり、掻きすぎて耳介の毛細血管が切れて耳がパンパンに腫れ上がる耳血腫を起こすケースもあります。

 

 

悪化すると治療するのに時間も費用もかかりますし、何より犬がつらい思いをすることになります。

 

そうならないように定期的な耳掃除は大切です。

 

 

耳掃除の前に耳のチェック!

2017-10-29_213842

 

 

ケアの前に耳の状態を確認します。

 

もし下記のような異常があれば悪化させる恐れがあるので、先に動物病院で診察を受けましょう。

 

    • 耳介や耳道が赤くなっている・腫れている
    • 黒い耳垢や膿のようなドロッとしたものが出ている
    • 耳から悪臭がする
    • 頻繁に耳を掻いている
    • できものや腫瘍がある

 

 

耳掃除に使うグッズ

    • 脱脂綿(化粧用のコットンでもよい)
    • 綿棒(ペット用)
    • イヤークリーナー(アルコールの入っていないものを選ぶ)
    • 鉗子(かんし)


人間用の綿棒は先が硬いため、ペット用のものを使用します。

 

また、鉗子の先に脱脂綿を巻いて使用してもよいでしょう。

 

 

イヤークリーナーはペットショップなどで入手できますが、今までに外耳炎になった事のある場合や皮膚のデリケートな犬の場合は獣医師に相談してから使用した方が安心です。

 

 

耳掃除の仕方

2017-10-29_214534

 

 

耳道の入り口や指で届く範囲は脱脂綿を使用します。

 

まず、脱脂綿にイヤークリーナーを染み込ませ、耳介をふき取ります。

 

ひだ部分は汚れが溜まりやすいのでよく確認しましょう。

 

犬の耳はとてもデリケートで傷つきやすいため、力を入れてゴシゴシ拭いてはいけません。

 

また、乾燥した脱脂綿や綿棒で傷つく場合もあるため、水分をふき取る時以外はイヤークリーナーをつけましょう。

 

 

耳介を片手で後ろ側へ軽く引き、耳道を綿棒でふき取ります。

 

汚れを奥に押し込まないように気を付け、綿棒が汚れたらその都度新しいものに変えましょう。

 

犬の耳道は鼓膜の手前で垂直に曲がっているため、よほどのことがない限り傷つける心配はありませんが、あまり奥まで綿棒や鉗子を入れてしまうと嫌がりますので、家ではできる範囲でケアします。

 

 

耳掃除の頻度

2017-10-29_215021

 

 

耳のチェックは2~3日に1度、耳掃除は耳の垂れた犬種は1週間に1度、それ以外の犬種は2週間に1度程度が望ましいでしょう。

 

シャンプーの前にも掃除し、シャンプー後には耳道に入った水分をふき取るようにします。

 

 

頻繁に耳掃除をするとそれが刺激になり外耳炎の原因になる場合もありますので、気をつけましょう。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の手入れ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る