犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

犬の口臭対策に絶対必要!嫌がられない上手な歯磨きの仕方を徹底解説

2017-10-22_203123

 

 

最近愛犬の口臭が気になる、なんてことはありませんか?

 

口臭の原因のほとんどは歯垢や歯周病です。

 

 

最初のうちはそれほど気にならなくても、何もケアせずに放置しておくとどんどん悪化してしまいます。

 

そうならないために、日ごろからお家で歯磨きをして愛犬のお口の中の健康を守ってあげましょう!

 

Sponsored Link

 

用意しておきたい歯磨きグッズ

 

歯磨きシート

2017-10-22_201609

 

 

ジェルを自分でつけて使う乾いたタイプのものと、歯磨き成分が染み込ませてあるウェットタイプのものがあります。

 

 

歯磨きジェル

2017-10-22_201743

 

 

必ず犬用のものを使用しましょう。

 

人間のものに入っているキシリトールは犬には有害です。

 

犬の喜ぶ味のついたものなど、愛犬の好きなものを使用すると歯磨きを嫌がりにくくなります。

 

 

歯ブラシ(指先につけるタイプ、犬用歯ブラシもしくは人間の子供用歯ブラシ)

2017-10-22_201933

 

 

ブラシは犬の口の大きさに合わせて使いやすいものを選びます。

 

犬の歯肉は傷つきやすく、出血もしやすいので毛の柔らかいものを使用するようにしましょう。

 

 

まずは慣れさせることから

2017-10-19_085043

 

 

最初から歯ブラシを使うと犬が驚いてしまい、歯磨きを嫌がるようになってしまいます。

 

初めは飼い主さんの人差し指に歯磨きジェルをつけたシートを巻き付けて、犬の口唇をそっとめくって犬歯に触れてみましょう。

 

嫌がらなければそのまま犬歯の表面を優しく拭きます。

 

 

ここでのポイントはしつこくしない事です。

 

まずは口の中を触るのに慣れてもらうのが目的なので、初めは1~2本から、慣れてくれば徐々に本数を増やし、門歯や臼歯などにも触れていきます。

 

 

歯磨きの仕方

2017-10-22_202308

 

 

口の中を触られることに慣れて来たら、シートや歯ブラシで一本ずつ丁寧に歯磨きをしていきましょう。

 

普段見えにくい奥歯もきちんと磨くようにし、歯の表面についた歯垢をとるようにします。

 

歯垢を放置しておくと3日ほどで歯石の原因になってしまいます。

 

歯石ができてしまうとその上にさらに歯垢が溜まりどんどん大きくなっていき、酷くなると口が閉じられなくなったり、歯肉が炎症を起こし痛みを伴ったりします。

 

こうなっては自宅でケアすることができません。

 

その前に、普段から歯磨きをすることが大事です。

 

 

また、歯肉の近くを磨くときは傷つけないように気をつけなくてはいけません。

 

少し擦れただけでもすぐに出血してしまうことがあります。

 

歯磨きを丁寧にしようとつい力が入ってしまいがちになりますが、途中で深呼吸するなどしてリラックスしながらするようにしましょう。

 

 

こんな時はちょっと待って!

2017-10-22_202513

 

    • 最近ご飯を食べづらそうにしている。
    • 口の周りを触ると嫌がる、痛がる。
    • あまりにも口臭がひどい。

 

 

このような場合はすでに歯肉炎などを起こしている可能性があります。

 

痛みがある時に歯磨きをするとそれがトラウマになってしまい、口を触ること自体を嫌がるようになってしまうことがあります。

 

 

先に動物病院で治療し、痛みがなくなってから歯磨きをするようにしましょう。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の手入れ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る