犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

自宅で簡単に愛犬の肥満度チェック方法!BCS(ボディ・コンディション・スコア)

2016-02-10_213014

 

 

様々な疾病を引き起こす「肥満」は愛犬にとって大敵。

 

人間はまず最初に体重から肥満度をチェックしますが、犬の場合犬種による違いがあり体重だけで肥満度をチェックするのは要注意です。

 

Sponsored Link

雑誌等で○○犬の標準体重3kg~5kg等との表示を目にしますが、小型犬等、体の小さな犬種にとって2kgは大きな違いと言えます。

 

犬種だけでなく個体差もあり標準体重だからと安心する事は出来ません。

 

 

そこでパートナーの肥満度を知るのにお勧めするのが「BCS(ボディ・コンディション・スコア)」と呼ばれるチェック法。

 

体格・体型を見た目でチェック、皮下脂肪の付き具合を触ってチェックする事で、パートナーの肥満度を総合的に判断出来ます。

 

 

この方法は「自宅で手軽に出来る」「個体差による肥満度を知ることが出来る」「他の病気を見つけやすい」等の利点があり、オーナー自身が犬の体を触ることで、愛犬とのパートナーシップも築けるというすぐれもの。

 

大切なパートナーを見て、触れて、肥満度をチェックしてみませんか?

 

 

まずは見た目でチェック

 

1. パートナーを真横から見てチェックします。

 

KIMG0042edited

 

ウエスト部分のくびれに注意しながら体全体のラインを見て下さい。

 

毛の長い犬はなるべく体の線が見えるように毛を持ち上げると観察しやすいです。

 

胸からウエストそして後ろ足までのラインが下腹に向けて緩やかに上がっていれば、くびれがあると判断します。

 

 

2. 次に真上からパートナーの全体的なラインを見ます。

 

KIMG0048edited

 

首から肩そしてウエストへ。

 

このウエスト部分で少しくびれてからお尻部分に流れていれば大丈夫です。

 

あまり大きくくびれませんが、人間と同様にウエストのみくびれるのが、上から見た犬の理想的なラインです。

 

 

次にパートナーの体を触ってみましょう。

1. 前足の付け根を触り肋骨(あばら)の浮き出具合を確かめます。

 

KIMG0051edited

 

この時できる限り地肌に触れるように触れば、肋骨の浮き出る様子が分かります。

 

 

毛が長い犬は体毛の中まで指を入れて下さい。

 

皮下脂肪が多すぎなければお座りの状態でも肋骨に触れます。

 

 

2. 次に立たせた状態でウエストを両手で挟むようにしながらくびれを確認します。

 

KIMG0055edited

 

先に目で見たくびれの状態を触って確認する事になります。

 

 

3. 最後に後ろ足の付け根からお尻のあたりを両手で挟み、腰骨を確認しますが、肥満度が高いと皮下脂肪が多く腰骨が浮き出ていないのでさわる事が出来ません。

 

KIMG0060edited

 

 

以上のチェックから・・・

 

「肋骨が薄い皮下脂肪に覆われ手で触れることが出来る。」

 

「上からそして横から見たウエストのくびれが緩やかに現れている」

 

これがパートナーの理想の体型であると言われています。

 

特に横から見たウエストがくびれていなくて、肋骨に触れる事が出来なければ肥満傾向だと判断します。

 

 

いかがですか?

2016-02-10_214824

 

 

とても簡単に出来るので、パートナーと遊びながら肥満度を確かめられます。

 

我が家では体を触る時に、首筋・お腹周りも念入りに調べ、変わったしこりに触れないかもチェックします。

 

何か異変に気付けば、早めにかかりつけの獣医に相談できるので、病気の早期発見に役立ちます。

 

 

現在、室内犬が増え、おやつ等のスナック類が豊富、不妊去勢手術等、犬が肥満になりやすい環境が整っています。

 

肥満は関節に負担がかかるだけでなく、心臓病・糖尿病などのリスクも高くなるので、犬の健康管理の重要なポイントになります。

 

 

また日本だけでなく海外でも肥満対策は広がっています。

 

英国にある、慈善団体「英国王立動物虐待防止協会(RSPCA)」は、世界中の動物福祉の改善に取り組む団体として知られていますが、この団体でも、過度の肥満は「適切な健康管理を行わない虐待」として、ドッグーオナーに警告を鳴らしています。

 

パートナーを命の危険にさらす「肥満」を見過ごさないよう、日常的な肥満チェックはとても大切です。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の寿命関係   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る