犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

犬は何故人間より寿命が短いのか?

2014-06-04_190027

 

 

犬の平均寿命は、10~15年と言われています。

 

犬に限らず、動物にはそれぞれ寿命があります。

 

 

Sponsored Link

一般的には、クジラやゾウといった大型の動物ほど寿命が長い傾向がありますが、動物別に寿命の統計はあっても、その寿命を決める根拠はわかっていません。

 

また種は同じでも、野生の動物と人の環境下で飼育された動物では、平均寿命に大きな差があります。

 

 

データによると、野生動物の平均寿命は飼育された動物の半分以下の年数しか生きていないという実態があります。

 

このことから、動物の種類を問わず適正な環境の下で、管理された食事を与え、病気がみつかれば治療を受けることによって、動物は長生き出来るということは確かです。

 

現に、人間の場合でも、縄文時代の人間の平均年齢は30歳ぐらいと推測されていますが、現在、日本人の平均寿命は、男女とも70歳以上となっています。

 

 

 

犬の寿命、とりわけ飼い犬の場合は、ドッグフードの種類が豊富になったことや、予防接種、病気予防のための投薬などの健康管理がすすんだおかげで、寿命が延びて来ています。

 

しかしそれでも、犬の寿命はギネスブックに掲載された世界ナンバー1の犬でも29歳あまりと人間よりも短命であることには変わりありません。

 

 

 

頑張っても人間の寿命の半分以下しか生きられない犬の一生を充実した時間に変えることが出来るのは飼い主の気持ちと行動次第です。

 

命の大切さは、動物やその大きさによって変わるものではないことを肝に銘じていかねばなりません。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の寿命関係   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る