犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

犬はどのくらい長生きする?長生きのコツは・・・

2014-06-04_184322

 

 

ウィキペディアによると、現在ランキング1位の長寿犬は、イギリスで2013年5月18日に亡くなったテリアで、29歳282日です。

 

2位は、英国のラブラドールで29歳193日、3位は、オーストラリアのオーストラリアン・キャトル・ドッグと呼ばれる犬種で29歳160日です。

 

 

Sponsored Link

トップ10の中には、日本で飼われていた雑種がランクインしています。

 

26年と248日という記録で、交通事故に会いながらも病院で治療を受けながら天寿を全うしました。

 

日本の長寿犬プースケは、人間の年齢にすると125歳に当たるといわれています。

 

犬の平均寿命は、大型犬で12~14歳、中型犬以下で14~17歳と言われているので、ランクインしている犬たちは、相当長生きしたと言えますね。

 

 

 

犬はどのくらい長生きする?

犬の寿命は、飼い主から愛情と共に必要なケアを受けることで延びています。

 

日本では、10歳前後だった平均寿命も、今や14歳前後にまで延びてきました。

 

国内での最高年齢は、26年と248日という記録があります。

 

 

犬の飼い方についての情報が広く普及し、今や犬を飼う人達は、狂犬病の予防接種だけでなく、混合ワクチンの摂取やフィラリア予防薬の服用など小まめな世話を行っています。

 

ドッグフードも、多種多様な商品がたくさんのメーカーから販売されており、犬の年齢や症状に合った栄養補給が出来る様になりました。

 

 

ノミやダニについても、駆除効果の高い薬を毎月身体につけることで様々な感染症を防げるようになっています。

 

 

避妊、去勢手術も積極的に行われるようになり、これにより病気のリスクも減ったことから、犬たちも健康に暮らせるようになってきています。

 

 

 

犬の寿命を長くするコツ

犬の一生は人間と比較するととても短く、わずか10~15年ほどしかありません。

 

このわずかな時間しかない犬とのひと時を少しでも長くするには、正しい世話の仕方をすると共に、愛情を持って接することが大切です。

 

 

 

愛情とは甘やかすことではありません。

 

 

食事を人間のものを与えていませんか。

 

人間の食べ物は、カロリーも高め、調味料の影響により犬の消化器官に大きな負担を与えます。

 

また肥満の原因ともなります。

 

 

次に予防接種を必ずして、犬特有の病気を防ぎます。

 

散歩は、毎日1回でも必ず連れて行って気分転換をさせましょう。

 

躾と虐待の区別が出来ない飼い主がいますが、むだ吠えや噛み付く行為、食べてはいけない物などはきちんと教えて下さい。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の寿命関係   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る