犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

犬の去勢手術の費用と適切なタイミング

2014-06-04_191100

 

 

毎日保健所では、飼育放棄された犬や猫たちが沢山殺処分されています。

 

このような事態は、ペットビジネスが安易に犬や猫に子供を次々と産ませて、売り飛ばしたことが原因の1つです。

 

 

Sponsored Link

また、おもちゃと同じように気軽な気持ちで犬や猫を購入し、育てるのが面倒になって捨ててしまう無責任な人間も後を絶たず、動物たちの命があまりにも軽く扱われている世の中となっています。

 

このような背景や、ペットとして飼う動物の病気予防の観点から、去勢や避妊の必要性が訴えられるようになり、現在その手術を受ける犬や猫の数は多くなっています。

 
費用は、メスの方が若干高くなり、犬の大きさによっても費用がかわってきます。

 

費用は2~7万円と、獣医のある地域や術式においても幅が出てきます。

 

犬の場合、手術に適した時期は、オス、メスともに、最初の発情期が来る前、生後6ヶ月迄を目安に行うのがよいとされています。

 

 

 

犬は去勢手術したほうが長生きする

愛玩犬の寿命が長くなった理由の1つに、去勢・避妊手術の普及があげられます。

 

この手術をすることで、生殖器に起こりうる病気を予防する効果が高まり、結果、寿命が伸びています。

 

 

メス犬には、乳腺腫瘍という病気があります。

 

この腫瘍は、1回発情するごとにそのリスクが高まる傾向にあるため、メスの避妊手術は最初の発情期が来る前の生後半年までに受けることが推奨されています。

 

オスは発情期を迎えると、行動が激しくなり、荒っぽくよく吠えるようになります。

 

マーキングが増えて、あちこちにおしっこをするようになり、室内犬だと家中を汚されて困る事態になってしまいます。

 

 

手術をすることによって、病気を予防し、度を過ぎた行動をコントロール出来る様になり、長生き出来るようになります。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の寿命関係   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る