犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

犬に食べさせてはいけない寿命が縮む食べ物!

2014-06-04_191949

 

 

犬の食事管理は、基本的にドッグフードのみを与えていれば、栄養バランスがとれます。

 

毎日同じ物ばかりで、かわいそうと思ってはいけません。

 

逆に、人間の食べ物を食べさせることの方が犬の寿命を縮めてしまうことになります。

 

 

Sponsored Link

 

犬は肉食動物であり、野菜を消化できる機能は備わっていません。

 

ですから、調理されていても野菜を与えることは控えて下さい。

 

牛乳も問題なさそうに見えますが、下痢をすることがあります。

 

ケーキなどの甘いものは、肥満の最大の原因となるためやめましょう。

 

 

犬に食べさせてはいけないものの1つに玉ねぎがあります。

 

この玉ねぎは、人間の食事に色々使われているので、気づかずに食べさせてしまうことがあります。

 

コロッケ、ハンバーグ、すき焼きなどの残り物を食べさせないようにしましょう。

 

 

 

犬に食べさせてはいけない食べ物

犬が喜ぶからと言って、人間の食事を分け与えると犬の内臓に負担がかかり病気にかかりやすくなります。

 

また人間の食べ物をおすそ分けしてもらっていると、犬は太りすぎてしまいます。

 

 

 

犬は元々肉食動物なので、人間のように野菜をとる必要はない生き物です。

 

特に、ネギや玉ねぎには犬の赤血球を破壊する働きがあるため貧血の原因となります。

 

人間の食べ物の残りをエサとして与える飼い主もいますが、残り物の汁には、野菜から出た成分が溶けています。

 

人間の食べ物を与え続けると気づかないうちに犬の消化器官にダメージを与えてしまうのです。

 

 

 

チョコレートには、下痢や嘔吐を引き起こすテオブロミンが含まれており、食べ過ぎると死んでしまう危険があるので絶対に食べさせることのないようにして下さい。

 

 

 

人間の食べるものは犬に与えない

当たり前のことですが、人間の食べ物を犬に与えてはいけません。

 

しかし、これを守れている飼い主がほとんどいないというのも事実です。

 

 

まず犬は肉食動物であり、人間のように雑食ではありません。

 

ですから、人間の食事には野生の犬が本来食べない野菜類が沢山含まれています。

 

そして人間の食事には塩分、香辛料といった調味料も使われますが、これらは犬にとっては全く不用で、与えることによって消化器官の働きを悪くしてしまいます。

 

 

また、人間の食事を与えることによって、犬が人間の食事時間を自分の食事の時間と勘違いし、人間が食べている間中、食べ物を執拗にねだるようになり、飼い主もゆったりとした食事がとれなくなってしまいます。

 

 

「人間の食事=犬の食事」ではないことを、きちんと区別することが大切です。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の寿命関係   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る