犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

愛犬の死を考えたくない人は犬を飼う資格はない?

2014-06-04_190522

 

 

どんなに頑張っても、犬は人間より早く死んでしまいます。

 

「死ぬのを見るのが可愛そうだから犬は飼わない」という人がいますが、その場面を何度も経験しながら、次々と犬を飼う人もいます。

 

この違いは何でしょうか?

 

 

Sponsored Link

 

立場を逆に、犬側から考えてみると、飼い主に見守られ幼い頃からずっと愛情を受け、家族として育てられた犬は、とても幸せだったはずです。

 

人間にしても、最期を誰かに看取ってもらえることはこの上ない喜びではないでしょうか。

 

その役を担う飼い主の存在はなくてはならないものです。

 

 

犬を最期まで幸せにしてあげるという気持ちを持ち続ければ、きっと自分も犬から感謝されるに違いありません。

 

犬との生活を通じて、自分も幸せを貰ったことに気づけば、「ありがとう」という気持ちで犬の最期を看取る勇気も持てるのではないでしょうか。

 

 

 

犬が死んだ時に後悔しない為には

家族として一緒に暮らした犬が旅立つと深い悲しみがやって来ます。

 

犬が死んだ時には、犬と暮らした楽しい日々を思い出して寂しさを感じると共に、もっと色々なことをしてあげたかったと後悔するものです。

 

 

 

でも犬が死んでしまうのは、貴方の責任ではなく運命なのです。

 

生き物は、やがて死んでいくものであり、それは誰にも止められるものではありません。

 

 

ですからその時がいずれ来ると考えて、それまでの時間、たくさんの愛情を注いで育て、犬に幸せを感じさせてあげるのが飼い主の役目です。

 

犬が亡くなって間もない間、悲しみと悔いが残っても、時が経てば、自分の中で犬と過ごした楽しい日々ばかりが思い出されるはずです。

 

 

毎日、犬と寄り添う気持ちを持つことが、別れが来てもいずれ乗り越えられる力となるのです。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の寿命関係   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る