犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

大型犬が小型犬より短命な理由

2014-06-04_193404

 

 

寿命に関してわかっていることは、異種間の動物では体格が大きい種の方が小さい種よりも寿命が長いが、同種間では、固体の小さい方が長生きをするということです。

 

ゾウの寿命は平均70年、犬の寿命は10~15年で、ゾウが長生きですが、10年ほどしか生きられない犬の中で、寿命が長いとされている種類は、小型犬のダックスフントで14~17歳が平均寿命です。

 

ラブラドールのような大型犬の寿命は10年ほどです。

 

Sponsored Link

 

大型犬は、体の大きさの割には心臓や肺が弱く、常に酸素が十分に体内に行き渡らない酸欠気味の体となっており、これが細胞の老化を早めて短命になる要因だと言われています。

 

 

細胞の生まれ変わりのスピードが早いことは、ガンのような異常細胞の発生率も高くなります。

 

病気になるリスクが高いことから大型犬の平均寿命は小型犬よりも短くなっています。

 

 

 

大型犬をできるだけ長生きさせるには

小型犬よりも寿命が短いと言われている大型犬を長生きさせるには、どうすればよいでしょうか?

 

まず、どの大きさの犬にも共通することは、去勢や避妊を済ませておくことです。

 

 

手術をしておけば生殖器関係の病気のリスクを減らし、発情からくるストレスを取り除くことが出来るため長生きに繋がります。

 

予防接種は、毎年必ず受けて病気にかかるリスクは出来るだけ取り除いてください。

 

 

 

大きな犬を飼うのは大変ですが、出来れば室内で飼った方が、温度変化も少ない環境なので体への負担が軽くなります。

 

散歩を日課にすることで運動量は確保することが出来ます。

 

そして栄養過多にならないように食事の量を調節し、肥満を防ぐことを心がけます。

 

ブラッシングをこまめに行って被毛が固まらないように気をつけ、少しでも体調が悪いようならすぐに獣医に相談しましょう。


Sponsored Link

 

犬の寿命関係   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る