犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

犬の口臭原因は歯周病?クサイ臭いに悩まない為の有効な対策とは?

2017-10-19_085538

 

 

毎日犬の歯磨きをしていますか?

 

犬の口腔内疾患は、かかることが多い疾患です。

 

口腔内の疾患があると、嫌な臭いがしたり、あるいは膿がたまってしまうこともあります。

 

 

犬の唾液には、酵素が含まれていてもともとは抗菌作用があるのです。

 

しかし、近年の犬が長生きするようになったことや、の食事の変化などで犬の歯周病が増えているのです。

 

Sponsored Link

 

歯周病はどんな病気?

2017-10-07_114013

 

 

歯垢が原因となり、歯肉など、歯の組織が病気になってしまいます。

 

たまっていく歯垢に、唾液に含まれているカルシウムなどをとりこみ、石灰化して、やがて歯石となります。

 

歯石にはたくさんの菌が付着していて、これが口臭の原因になるのです。

 

 

この歯周病がひどくなっていくと、歯根の炎症も進んで、頰の辺りに膿がたまり、重症化すると皮膚に穴が開いてしまうこともあるのです。

 

下の歯の場合は、あごの骨がとけて、骨が折れて、ご飯が食べにくくなったり、食べられなくなってしまうということもあります。

 

 

犬が歯周病になると、細菌が血管に侵入してしまい、全身にばら撒きます。

 

そして心臓、腎臓、肝臓などに悪い影響を与えてしまいます。

 

 

歯石が溜まったら、どうすればいいの?

2017-10-19_084754

 

 

犬に歯石が溜まったら、歯磨きをして取り除くことは不可能です。

 

おとなしければ、爪や器具で歯石を引っ掻き除去することもできますが、完全に取りきれるわけではありません。

 

 

1番良いのは、やはり動物病院で除去してもらう事です。

 

こちらは、全身麻酔をかけて行う処置になります。

 

超音波スケーラーを使って歯石を綺麗に除去したあとに、ポリッシングといって、歯をなめらかに磨き、これから先歯石がつきにくくします。

 

 

歯石の除去をしたあと、そのままだとまたすぐに歯石がたまってしまうので、その後毎日の歯磨きが必要になります。

 

 

毎日歯磨きをしてあげましょう

2017-10-19_085043

 

 

歯石が原因の歯周病の予防、口臭対策には、毎日歯磨きが一番効果的です。

 

 

大人になってから、歯磨きの習慣をしつけるのは大変ですが、家に来たばかりの子犬の頃から、毎日歯を磨いて、きちんとしつけてあげることは簡単です。

 

①口の中に手を入れることから慣れさせる

②指にガーゼを巻きつけて歯磨きする

③歯ブラシでの歯磨きに慣れさせる

 

このような段階を踏み、大人しく出来たらたくさん褒めてあげます。

 

歯磨き後にだけ遊べる特別なおもちゃを用意してもいいでしょう。

 

歯磨きは怖くない、すっきりとして気持ちの良いことだと、犬に教えてあげましょう。

 

 

『歯の病気はないか?』

 

『歯石はたまっていないか?』

 

定期的に動物病院へ通い、歯の健康チェックをしてもらいましょう。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の寿命や病気   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る