犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

人に例えると?小型犬・大型犬別の年齢の数え方と5つの老化サインとは?

2017-10-17_084327

 

 

犬は何歳まで生きるのか?

 

人間に換算すると、いま何歳くらいなのか?

 

気になりますよね。

 

 

最近では、犬も昔より長生きになってきました。

 

こちらでは、犬の年齢についてや、老化についてお話しします。

 

Sponsored Link

 

うちの犬は人間に換算すると何歳くらいなの?

2017-10-06_155419

 

 

犬の年齢は、小型犬なのか大型犬なのかによっても変わってきます。

 

 

①小型犬の場合

 

考えによって、多少の誤差はありますが、小型犬は、生後半年で9歳、生後1年で16歳、生後1年半で20歳、生後2年で24歳と言われています。

 

その後、1年間で4歳ほど歳をとっていくという計算になるのです。

5歳の犬で36歳
10歳の犬で56歳
15歳の犬で76歳

という計算になります。

 

 

②大型犬の場合

 

こちらも、考えによって誤差はありますが、生後半年で6歳、生後1年で12歳、生後2年で19歳、その後1年間で7歳ほと歳をとっていくという計算になります。

 

5歳の犬で40歳
10歳の犬で75歳
15歳の犬で110歳

という計算になります。

 

小型犬よりも、大型犬の方が寿命が短いので、はやく歳をとっていくことになります。

 

 

老化の症状には、どんなものがあるの?

2017-10-17_084526

 

 

①顔が白くなってくる

 

人間も歳をとると白髪が生えてきますよね。

 

それと同じで犬も白髪が生えてきます。

 

とくに、顔の毛が白くなるのが目立ちます。

 

 

②あまり遊ばなくなった

 

若い頃は、ボールを追いかけたり、いつも遊んでいた犬も、歳をとればあまり遊ばず動きたがらなくなります。

 

 

③散歩に行きたがらない

 

散歩も同じで、行きたがらなくなり、あまり歩かなくなりすぐ家に帰ろうとします。

 

 

④我慢ができなくなる

 

今まで我慢強かった犬も、爪切りやシャンプーーなど、我慢が出来なくなってしまうこともあります。

 

マテの指示に従えなくなったりする犬もいます。

 

 

⑤一度眠るとなかなか起きない

 

いままでは、少しの物音で敏感に起きていた犬も、老化が進むと耳が遠くなり、物音に気がつかなくなります。

 

 

少しの変化にも気づいてあげましょう

2017-10-17_084726

 

①今まで出来ていたことが出来なくなる

②部屋の中の狭い隙間に入り込み出られなくなる

③ぐるぐる回り続けている

④夜鳴きをするようになった

 

このような症状が見られた場合は、認知症の可能性もあります。

 

 

他にも、咳をする、食欲がなくなる、急激に痩せたり、急激に太った場合は、老化ではなく病気の場合もあります。

 

治療をして、症状を軽減してあげられるものかもしれません。

 

動物病院で診察してみましよう。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の寿命や病気   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る