犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

飼う前に知っておきたい犬の特徴や基本知識

2014-05-31_213437

 

 

人間と犬の歴史というものは非常に古くから存在します。

 

人間はその昔住居というものには住んでおらず、洞窟や洞穴といった所に住まいを持っていました。

 

そこから出る人間が残したり、捨てたりする残飯を食料にして、犬は生き残ってきたというような歴史があるのです。

 

 

Sponsored Link

こういったことから、もともとは別々に生活圏を持っていた人間と犬が、徐々に接近をし始め、最後には同じ生活圏の中で生活を共にするようになったという背景があるのです。

 

犬にしてみると、残飯ではあっても食料をくれる主人のような存在。

 

人間にとってみると、残飯などをキレイに片付けてくれるお手伝いさんのような存在となって共に主従関係を築くようになったという歴史があるのです。

 

 

 

犬の分類について

犬は人間の歴史に深い関わりを持っています。

 

その昔、まだまだ人間が住居などを構えておらずに生活をしている頃からの付き合いになります。

 

 

最初のうちは、人間の残した食料を犬が食べるといったような状況で、人間にとってみると、自身の住居を清潔に保つためのクリーニングキーパーのような役割を担っていました。

 

その後に番犬としての役割を担わせたり、本当に緊急時の食料用として重宝されました。

 

 

更に時代が進むと、今度は食料を調達する時の狩りのお供として重宝されるようになり、さらに牧畜を行った際の牧畜動物の管理者として用いられるようになったのです。

 

こういった歴史があることから、犬はいくつかの種類に分類することが出来、未だにその分類方法は残っているのです。

 

 

犬の分類は10種類あるとされ、牧羊・牧畜犬

 

使役犬、愛玩犬、視覚ハウンド犬、原始犬、嗅覚ハウンド犬、鳥猟犬、テリア、ダックス憤怒、ポインターセターといった分類をすることが出来るのです。

 

 

 

犬のオスメス別の特徴について

犬を飼おうとした場合、一番最初に気になると言っても良い項目は、オスにするのか、メスにするのかといった所でしょう。

 

同じ犬種であれば、どちらでもいいじゃないかという意見を持つ人もいらっしゃいますが、犬のオスとメスでは特徴というものがあり、それぞれに違っているのです。

 

 

一概には言えませんし、犬種によってのマイノリティーもありますから、何とも言えませんが、一般的には、オス犬の特徴としては、その性格は甘えん坊であり、人間には非常に好かれやすいとされています。

 

メスに比べるとサイズがちょっと大きめであり、毛吹きというものが良いことが多いという特徴を持ちます。

 

 

メスは、ちょっと性格的には冷めている傾向が高く、猫的な要素を帯びているとされているのです。

 

 

 

長毛種・短毛種の特徴について

同犬種でも長毛種と短毛種とに分ける事が出来ます。

 

 

ロングコートとスムースコートといえば、馴染みがあるでしょう。

 

長毛種と短毛種とどちらが良いのかというのは、それぞれの見た目の好みもありますが、その特徴というものをしっかりと覚えておくことも重要になります。

 

 

短毛種は短い毛というだけあって、寒さに弱いという特徴を持っています。

 

見た目的にも弱々しい傾向が強いことから、冬の長いエリアや、あまり温度の上がらないようなエリアで飼育をする場合には、手が掛かるタイプと言えるでしょう。

 

ただし、シャンプーなどの手間は格段に省く事が出来ます。

 

 

長毛種は寒さには強いですが、逆に暑さには弱い傾向がありますから、夏場の温度管理が必要ですし、ブラッシングをマメにしてあげないと毛玉が出来、みすぼらしい姿になってしまうという特徴があります。

 

 

 

その他詳しい犬の情報や飼い方を載せていらっしゃるサイトはこちらです。

 

よかったら参考にしてみてくださいね^^

 

犬の飼い方丸わかり!!


Sponsored Link

 

犬の基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る