犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

犬を室内飼いや屋外飼いする時の注意点

室内飼いする時の注意点

2014-05-31_215721

 

 

犬を飼う場合、何気に大きなレトリバーなどの犬種であっても、近年では室内で飼育している方が非常に多く見られます。

 

一昔前であれば、あのくらいの大型犬になれば、屋外に犬小屋を建てて飼育していたものですが、近年では屋内で飼うことが非常に増えていますね。

 

 

Sponsored Link

犬を屋内で飼う場合、注意点というものはあるのでしょうか。

 

まず注意をして欲しいことは、体感温度についてです。

 

お子さんがいるような方であれば、赤ちゃんと成人の体感温度が違っていることなどは把握していることから、気を使われる方が多いですが、特に独身者などでは、犬と人間の体感温度の違いまで意識していない方が多いのです。

 

 

温度というものを考えた場合、一番注意をして欲しいのは、エアコンの強度や温度設定、使用頻度などですね。

 

厚い毛に全身を覆われているわけですから、当然夏場は人間よりも暑さを感じています。

 

そこで室温を注意せず、そのままにして外などに出かけてほったらかしにしてしまうと、熱中症にかかり、最悪の場合にはそのまま亡くなってしまうケースもあり得るのです。

 

 

犬は人間と比較すると、上手に体内にこもった熱を体外へと逃がすような能力には劣っているわけです。

 

ですから、散歩が好きだからといって猛暑日にガンガンに照りつける太陽の中を無理やりに連れ回して何のケアもしなかったり、屋内に何の温度注意もなく放置してしまっていると、病気に掛かったり、死亡するケースもありますから、しっかりと覚えておきましょう。

 

 

 

屋外飼いする時の注意点

2014-05-31_215634

 

 

犬を飼う場合、室内で飼うか屋外で飼うのかは、非常に悩みどころでしょう。

 

近年では大きさなどに関係なく、基本的には屋内で飼育される方が非常に多くなっていますが、屋外で飼育する場合の注意点をここでは紹介していきましょう。

 

 

まずはフェンスや柵といったものは、しっかりと設置しておきましょう。

 

飼い主であるあなたやあなたの家族には、何の害はなくても、その他の知らない他人には、どういった行動を取るかは分からないものです。

 

そういった場合、いきなり飛び掛かってしまうケースも少なくありませんし、そうなった場合には大問題に発展してしまう恐れもあります。

 

 

更には脱走の心配をも防ぐ事もできます。

 

こちらは愛情いっぱいに接していても、飼っている犬がどのような思いを抱いているのかは分からないものです。

 

特に運動を十分にさせていない場合や、ストレスを与えているケースでは、脱走をしてしまうケースも少なく無いですから、しっかりと設置しておきたいところですね。

 

 

他にも家庭菜園などを行っている場合には、そこに近寄らないような工夫をすることが重要です。

 

特に口にすると害があるような植物用の栄養剤や、害虫駆除剤

 

他にも毒性の高い植物などが生えてしまうケースも少なくないですから、基本的には近寄らせないようにすることが愛情なのです。

 

 

他にも池などの水場がある場合でも、しっかりと清潔な環境に常にしていない限りは、仕切りなどを設けるようにしておきましょう。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る