犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

犬の肥満はデメリットだらけ!原因と太る事による病気やトラブルは?

2017-10-30_021520

 

 

最近愛犬のウエストのくびれがなくなってきた、そういえば動きも鈍いような気が…。

 

それは肥満かもしれません。

 

 

犬はどうして肥満になるのでしょうか?

 

そして、肥満を見て見ぬふりを続けていくとどうなってしまうのでしょう?

 

Sponsored Link

 

犬の肥満の原因

2017-10-30_021845

 

 

与えすぎ、食べすぎ

 

多い原因の一つに過食があります。

 

消費するカロリーよりも食べるカロリーが多いと体内に蓄積されていきます。

 

喜んで食べるのを見るのは飼い主にとっては幸せですが、与える量は加減するようにしましょう。

 

 

運動不足

 

運動量が少ないとカロリーを消費しきれないため肥満につながります。

 

散歩やボール遊びなど、適度な運動は肥満の予防や改善につながります。

 

 

加齢による

 

年齢とともに基礎代謝が低下します。

 

同じ食餌を同じ分量で与えていても、少しずつ太っていってしまいます。

 

定期的に年齢に合ったフードと量の見直しをするようにしましょう。

 

 

不妊手術(避妊・去勢)

 

不妊手術によりホルモンのバランスが変わり、食欲の増加や、基礎代謝が低下するため肥満につながります。

 

不妊手術をしたらフードを見直す方が良さそうです。

 

 

病気・怪我によるもの

 

甲状腺機能低下症は内分泌ホルモンの異常を引き起こし、過食を招く病気です。

 

また、骨折などで動くことができない場合もエネルギーが消費できないため肥満になりやすいでしょう。

 

 

肥満が原因で起こる病気・トラブル

心臓疾患

 

体重が増えることで常に体に重りをつけている状態になり、心臓に負担がかかります。

 

 

呼吸器疾患

 

脂肪によって器官が圧迫されるとで、十分な呼吸が行えなくなります。

 

 

糖尿病

 

過度のエネルギー摂取が原因でインシュリンへの抵抗性が高まり、糖尿病になります。

 

糖尿病になると失明などほかの疾患を招きます。

 

 

関節などへの負担

 

体重増加により股関節や膝、腰などの骨格系への負担が大きくなり、関節炎や疼痛、椎間板ヘルニアなどの原因になります。

 

 

肥満は悪循環を引き起こします

2017-10-31_212545

 

 

犬が肥満になると運動量が減り、さらなる肥満の原因になります。

 

また、緊急手術をしなくてはならない状態になった場合、肥満の犬は麻酔が効きにくくなり通常時の麻酔よりも多い量を使用しなくてはならないケースも考えられます。

 

心臓や呼吸器に負担のかかっている犬に麻酔をかけること自体リスクのあることですが、そこへ麻酔を多く使用するわけですから、リスクはさらに高くなるのです。

 

また、内臓についた脂肪が手術の妨げになることもあるので、手術が長引くケースも考えられます。

 

 

肥満は犬の健康にとってデメリットしかありません。

 

定期的な体重測定を行い、適正体重を維持することがとても大切です。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の基礎知識 犬の食事   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る