犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

犬に服を着せるなら絶対知っておくべきメリットとデメリット

犬服メリットデメリット

 

 

犬用の服は、いろいろな種類が売られていてとても可愛いですよね。

 

あなたのお家の子は服を着せていますか?

 

こちらでは、服を着せることによるメリットとデメリットについてお話しします。

 

Sponsored Link

 

犬に服を着せるメリットは?

2017-10-06_155419

 

 

①なんといっても可愛い

 

犬が服を着ると、可愛く変身できるので、オシャレを楽しめます。

 

何着も持っていて、着替えをしているおうちも多いでしょう。

 

 

②抜け毛予防になる

 

家の中で服を着せていると、家の中に抜け落ちる毛が少なくなるので、服を着ていない時と比べると、汚れ方も違います。

 

 

③暑さや寒さから守られます

暖かい服を着て、寒さ対策になることはもちろんですが、暑さ対策にもなるのです。

 

夏の暑い日差しから、身を守ることが出来ますし、アスファルトの照り返しからも守ることもできます。

 

 

④けがや病気の部分を守れる

体に怪我した傷があったり、手術後の傷があることもります。皮膚病をおこし、ただれているといいこともありすよね。

 

散歩へ連れて行く時に、服を着せていれば、直接その部分に泥や汚れがつくことを予防することが出来ます。

 

 

犬に服を着せるデメリットは?

犬服デメリット

 

 

①ストレスになることもある

 

犬が服を嫌がっていませんか?

 

服に慣れていて、何も思わない子も多くいますが、服を嫌がる子に着せることは、ストレスになります。

 

サイズが合っていなくて、きついと、拘束されている気分になります。

 

ミニチュアダックスのように足が短い犬種ですと、サイズが大きいと、足が中に入って、足を出せなくなるということもあります。

 

 

②誤飲の原因になることもある

ボタンやファスナー、飾りなどがついている服は、犬がかじってしまう場合があります。

 

かじってしまうだけならまだ良いのですが、ボタンや金具などを、飲み込んでしまっては大変です。

 

危険そうな飾りがついていないものにしましょう。

 

 

③毛玉ができてしまう

服を着せていない時と比べ、服と体が擦れる部分があるので、毛玉が出来やすくなります。

 

とくに脇に出来やすいので、服を着せた場合、毛玉が出来ていないかを、こまめにチェックしましょう。

 

 

メリットとデメリットを、よく理解して服を着せましょう

2017-10-06_155831

 

 

犬の服は、必ず着せなければいけないものではありません。

 

 

雨の日や寒い日の散歩の時だけでも、着ていると犬にとっても良いでしょう。

 

メリットとデメリットを把握して、いま自分のうちの犬に、本当に服が必要なのか、よく考えてから着せてあげましょう。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る