犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

感情がわかる犬のしぐさやサインの種類!

resize

 

 

犬を飼う時には、やはり犬の心を知りたいと思うのは、当然ではないでしょうか。

 

これは言葉を性格に話し、自分の思いや感情を伝える事が出来ない赤ちゃんに接する場合と同じような感覚と言えるでしょう。

 

 

Sponsored Link

 

犬を家族のように思っているような方であれば、尚更それぞれに飼っている犬の感情というものを知りたいと思うものではないでしょうか。

 

犬語が分かる首輪なんてものなどが発売されましたが、こういったものに頼るまでもなく、犬が起こすアクションには、ある程度の意味というものが存在します。

 

 

 

当然にそれぞれのアクションに、その時々の犬の感情というものが秘められていることが多いですから、出来れば覚えておきたいところでしょう。

 

一番有名なのは、お腹を見せるというようなアクションですね。

 

これは屈服というものや、安心度の高さ

 

またリラックスというものを示しているということは有名でしょう。

 

 

 

この他にも様々なアクションの中に、意味というものが込められているのです。

 

例えば、あくびをするといったようなアクションを犬が起こした場合はどうでしょうか。

 

これは人間で言うところの深呼吸の意味合いが強いようです。

 

 

つまりや怒りという感情や、興奮という感情を抑える時に起こすアクションになるのです。

 

例えば、まったく面識のないような人間に頭を撫でられたり、いきなり抱きかかえられるといったようなアクションを起こされた場合、犬には強いストレスが与えられます。

 

こういったケースであくびをするケースが多いようですね。

 

 

 

他にも代表的なものとしておしっこをするアクションがあります。

 

「ウレション」などと表現されますが、これは本当にその通りで、その人や犬、動物などに対して敵意がないことを示し、好意というものを示すアクションになるのです。

 

おしっこには臭いがあり、それを晒すことは、人間の中でいう自己開示になります。

 

つまりは仲良くなりたいとか、安心感の裏返しからのアクションになるのです。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る