犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

愛犬が高齢になった時の接し方と長生きさせる老後の飼い方

3370137558_e4c0400188

 

 

犬をペットとして飼った場合、やはり長い年月を一緒に暮らしたいと思うのは当然のことでしょう。

 

一般的に犬の寿命というのは、人間のそれと比べ、遥かに短いことで知られています。

 

 

 

平均寿命を見てみると、大型犬ほどに平均寿命は短く、小型犬の中でも座敷犬だったり、雑種といった一つの種別ではなくミックスされて交配された犬の方が平均寿命が高いという結果が出ています。

 

 

Sponsored Link

 

大型犬では10年程度が平均寿命とされます。

 

日本で最高に生きた大型犬では、その倍である20年という長い時間を生きた犬も存在します。

 

これは人間の年齢に95歳から105歳といったくらいの年齢になるのです。

 

 

 

実は犬の年齢はその犬種によって、人間の年齢に換算した場合の年齢が違ってきます。

 

ですから、こういったことも長生きして欲しいと思うのであれば、飼う歳の参考にしましょう。

 

 

ちなみに日本で最も長生きした犬は、体重が5キロ以下の小型雑種犬であり、25歳という記録が残っています。

 

これは人間の年齢に換算した場合、107歳となり相当の長生きと言えますね。

 

 

 

さて高齢になった場合の犬の接し方になりますが、若い内と比較して、やはり筋肉の衰えがあるということをしっかりと意識して接するようにすることです。

 

人間でも年齢を重ねていき、高齢になってくれば、筋肉や骨といったものが弱くなってきます。

 

犬に関しても同様ですから、それを考慮した接し方をしたい所です。

 

 

動くことが億劫になって寝ていることが多くなったりしますが、そういった場合には床ずれに注意をしてあげることや、なるべく頭を使わせてあげるような努力をしましょう。

 

時には外を見せてあげるといったような外的刺激を与えてあげることも重要だと言われています。

 

 

 

長生きをさせている家庭の多くは、しっかりとした体温管理を行っていることが多いようです。

 

エアコンを上手に使って、39度といった体温を目安に、あまり冷やし過ぎたり、暖め過ぎたりしないような気遣いは大事だと言われています。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る