犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

愛犬が臭い!考えられる6つの原因とその対処法

2017-10-16_221247

 

 

自宅で犬を飼っていると、悩みがちなのが、犬の臭いですよね。

 

家の中でうんちやおしっこをしているので、完全に臭いを無くすことは、難しいでしょう。

 

 

こちらでは、犬の臭いの原因や、その対処の仕方などをお話しします。

 

Sponsored Link

 

臭いの原因には、どんなものがあるの?

2017-10-17_070411

 

 

①体臭

一番考えられるのは、シャンプーした日から月日が経ち過ぎていて、体臭が強く感じられるということです。

 

最低でも1ヶ月に一度はシャンプーしてあげるといいでしょう。

 

 

②うんちやおしっこ

お尻に、うんちやおしっこがついていませんか?

 

おしっこで汚れていると、黄色くカピカピになっていたり、お尻の毛にうんちがこびり付いていることもあります。

 

 

おしっこが、いつもと違う色や臭いだった場合は、膀胱炎などの病気の可能性もあります。

 

早めに獣医師に診察してもらいましょう。

 

 

③口臭

嫌な臭いの原因が、体臭ではなく口の中の嫌な臭いだったという事があります。

 

歯石がたまっていると、悪臭があるので、その歯石を除去しないと臭いは治りません。

 

 

④耳の臭い

耳の中は綺麗ですか?

 

赤くなっていたり黒っぽい耳垢がたまっていると、外耳炎の可能性があります。

 

頭をふったり、後ろ足で掻いたりしていませんか?

 

耳からいやな臭いがする時は、獣医師に診察してもらいましょう。

 

 

⑤肛門腺

肛門腺に分泌物がたまっていませんか?

 

肛門腺がたまっていると、うんちをする時などに、少しずつ出てきます。

 

 

この分泌物の臭いは、とても強い嫌な臭いで、服や髪の毛についてしまうと、なかなかとれません。

 

基本的にトリミングに出している場合は、トリマーがシャンプー前に絞ってくれています。

 

自宅でシャンプーしている子は、定期的に絞ってあげましょう。

 

 

⑥顔のしわ

シーズーや、パグ、フレンチブルドッグの顔には、しわがありますよね。

 

そのしわの間に、たくさんの汚れがたまりやすくなっていて、膿皮症という病気にもなりやすいのです。

 

 

シャンプーをする際に、そのしわの間を洗い忘れがちなので、丁寧に洗ってあげて、日頃から綿花やガーゼなどで、綺麗に拭き取ってあげましょう。

 

 

臭いは犬の健康状態のバロメーターになることもあります

 

2017-10-17_071504

 

 

臭いをゼロにすることは、不可能ですが、毎日のケアや身体のチェックをすることにより、少しでも抑えることが出来ます。

 

 

いつもと違う嫌な臭いがする場合は、病気の可能性もあるので、どこから臭いがするのか、チェックしてあげましょう。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る