犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

愛犬がいつもと様子が違う(異常時)のチェック方法と対処法

3095212850_edfde4fe70

 

歩き方が違う時のチェック方法と対処法

犬の異常を察知するのは、やはり飼育している人間の仕事です。

 

言葉というものを話す事が出来ない分、やはりしっかりと観察しておいてあげないと、その異常に気がつく事が出来ません。

 

これは人間の赤ちゃんへのアプローチとほぼ一緒です。

 

 

Sponsored Link

 

人間と違っているのは、徐々に言語を話す事が出来る人間に対して、犬は一生人間の言葉を話すことが出来ないですし、感情表現などを性格に伝える術を言語によって持っていないということです。

 

 

 

犬の様子をチェックするほう方に歩行の違いが挙げられます。

 

犬の歩行をチェックしていれば、何かのトラブルを抱えているのかが分かるのです。

 

大きく分けて斜体歩と側対歩の2つに分ける事が出来、4つの脚がバラバラに動いている斜体歩が正常の状態だと言われています。

 

 

 

食欲がない時のチェック方法と対処法

犬が食欲をなくしてしまう要因は沢山に存在します。

 

特に前日までは普通に食事を食べていてくれたのに、その日になってまったく口もつけてくれないとなれば、かなり心配をしてしまうことでしょう。

 

食欲不振に陥ると、すぐに病期の心配をしてしまったりする気持ちは分かります。

 

 

しかしながら、嘔吐や下痢、さらには咳といったような他の症状が出ていない場合には、病期を疑う気持ちを抑え、しばらく様子を見ているようにしましょう。

 

 

 

精神的なストレスが溜まっているというだけだったり、単純に散歩不足などによる運動不足が要因となって、食欲不振に陥っている場合が多いのです。

 

ですから、それまでの生活でどういった生活を送ってきたのかを冷静に分析しましょう。

 

 

 

体が臭い時のチェック方法と対処法

犬を始めとして、ペットとして飼う動物には、人間とは違う独特のニオイが存在します。

 

お風呂に入れたりなどをして、定期的にシャンプーなどを行わないと、この独特のニオイが強くなってしまうのは仕方ないことです。

 

 

 

しかしながら、そういった独特のニオイではなく、いつもの臭いとは違った香りがしたり、悪臭と呼べるような臭いニオイを放っている場合には、病期に掛かっている可能性も少なくはないのです。

 

 

 

基本的には体全体からニオイがあるのか、口や目、耳、お尻周りといったような特定の部位からニオイが発生しているのかをしっかりとチェックすることから始めましょう。

 

 

 

例えば口が臭いという場合では歯周病や口内炎に掛かっている可能性があります。

 

体全体からのニオイの場合には膿皮症や脂漏症などが考えられるのです。

 

 

 

便が柔らかい(下痢)・固い(便秘)時のチェック方法と対処法

愛犬の健康状態は気になる所でしょう。

 

健康チェックの方法は沢山にあるものの、その一つの目安として、うんちの状態をチェックすることで、事前に健康状況を把握し、対策を講じる事が出来るようになります。

 

 

 

まずは良いうんちの状態を覚えておきましょう。

 

硬さについては、ティッシュなどで掴んだ時に、崩れない程度の硬さであることです。

 

色は茶色からこげ茶色で、回数は食事の回数に比例すると言われています。

 

一度の量に関しても与えた量と比例するとされていますが、ドライフードの場合には、与えた量よりも増えるというのが一般的です。

 

 

 

これ以外の場合には、ちょっとした体調不良を疑い、いつもの食事と違ったものを与えていなかったか、腐ったものを与えてしまっていないか。

 

他の動物とは接触していなかったのかなどをチェックしましょう。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る