犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

寒い季節には困る!手軽で効果ある6つの犬の寒さ対策とは?

犬冬どうする

 

 

秋の始まりから春先にかけて、犬が寒い思いをしていないか心配になりますよね。

 

こちらでは、犬のための家で出来る寒さ対策をお話しします。

 

Sponsored Link

 

寒いと、犬はどうなってしまうの?

2017-10-04_181353

 

 

犬が寒がっている時の、サインを見逃してはいけません。

寒いのが続くと体調を崩してしまいます。

 

寒がると、以下のような行動が見られます。

    • あまり水を飲まなくなった
    • 隅で丸くなり震えている
    • いつもより、くっついて来るようになった
    • 布団に潜り込み出てこない

 

このような行動が見られたら、すぐに対処してあげましょう。

 

 

寒さに弱い犬種は?

寒さに弱い犬

 

 

さまざまな犬種がいますが、寒さに弱いのは、南国生まれのチワワやバセンジーなどがいます。

他には、シングルコートの犬種、小型犬も寒さに弱く、マルチーズ、トイプードル、ミニチュアピンシャー、ヨークシャーテリア、ミニチュアダックスなどがいます。

 

反対に、シベリアンハスキーやセントバーナード、ゴールデンレトリーバーや柴犬などは、寒さに強い犬種です。

 

 

寒い時には、どんなことをしてあげたらいいの?

寒い時の対処は?

 

①部屋の温度をあげる

 

エアコンやストーブを点けて、部屋の温度をあげます。
この時、湿度が下がりすぎないように気をつけてあげましょう。

 

②ケージに毛布をかけてあげる

夜中ずっとエアコンやストーブをつけていては、電気代や灯油代が多くかかってしまいます。

ケージに毛布をかけるだけでも、ケージの中は暖かくなります。

まわりを段ボールで囲ってもいいでしょう。

 

③湯たんぽ使う

ペット用の湯たんぽも売られています。

寝床に入れてあげましょう。

 

④暖かい服を着せてあげる

特に毛の短い犬種には、服を着せてあげるといいでしょう。

服を着慣れていない場合、足が中に入り出せなくなってしまったり、どこかに引っかかってしまうこともあるので、気をつけて見てあげましょう。

 

⑤毛布を増やしてあげる

ベッドに、冬用の毛布を入れてあげます。
夏場は必要ありませんが、寒い季節には必要です。

 

⑥ホットカーペットやヒーターをつける

家の中全体にホットカーペットを敷くのは大変ですが、犬が行動する狭い範囲にだけでも、敷いてあげると違います。
ケージの中にヒーターを入れてあげてもいいでしょう。

 

 

犬も、気温の変化に影響されます

寒い犬

 

 

人間と同じく、寒い日が続いたり、気温の変化が激しいと、犬もお腹を壊し下痢をしたり、体調を崩してしまいます。

 

部屋の温度管理は、犬を飼う上で重要なものです。

寒い思いをさせないように、気をつけてあげましょう。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る