犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

知らずに手遅れに・・・犬の暑さ対策を室内・外飼い別に徹底解説!

2017-11-14_071427

 

 

梅雨から夏の間は犬も熱中症になりやすい時期です。

 

重症になると命に関わる事もあるため、早めの対策をする必要があります。

 

 

では、具体的にどのようにすればいいのでしょうか?

 

Sponsored Link

 

外で飼育している犬の暑さ対策

2017-11-14_071616

 

 

庭などに犬小屋を置いてリードなどでつないで飼育している犬は、リードの範囲しか動くことができません。

 

つまり、どこへ行っても直射日光が当たる場所に居ると、自分で涼しい所へ逃げることができないのです。

 

まずは犬の動ける範囲内に日陰で風通りのよい涼しい場所を作ってあげましょう。

 

すだれやよしずなどを吊るしたり、立てかけたりすると好きな場所に日陰ができます。

 

 

風通しを良くするために、スノコを犬小屋や日陰の場所へ設置しましょう。

 

スノコの下を風が通るため温度の上昇を防ぐことができます。

 

市販の冷感マットや凍らせたペットボトルをタオルで巻いたものなどを置いてあげるのも有効です。

 

 

また、水分補給はとても重要なので、常に新鮮なお水をたっぷり置いておきましょう。

 

フードは暑さで傷みやすいので、食べ残しは早めに片付けるようにします。

 

 

室内犬の暑さ対策

2017-11-14_072107

 

 

夏は締め切った室内ではすぐに温度が上昇してしまいます。

 

短時間だからといってなんの対策もせずに放置すると、取り返しのつかないことになる恐れもあるので気をつけましょう。

 

一番安心なのはエアコンで温度を管理しておくことです。

 

よく電気代を気にされる飼い主さんがおられますが、仮に熱中症になって動物病院で救急診療を受けたとしたら1か月分の電気代以上の出費にもなりますし、なにより愛犬が苦しい思いをしなくてはなりません。

 

 

エアコンの設定温度は28度を基準としますが、建築状況や犬の様子を見て温度を調整しましょう。

 

念のため冷えすぎた時に入れるベッドやハウスなどを用意しておくと安心です。

 

外で飼育されている犬と同じようにお水はいつでもたくさん飲めるように用意しておきましょう。

 

 

そのほかにも、冷感のベッドやマットなどのグッズも試してみるのも良い方法です。

 

ただし、犬によってはマットなどを警戒して乗らない場合もありますので、愛犬に合ったものを探してあげるようにしましょう。

 

 

お散歩での対策

2017-11-14_072244

 

 

熱中症対策をあちこちで見かける中、いまだに真夏の昼間に犬を散歩させている人を見かけることがありますが、絶対に止めましょう。

 

犬は人間より地面に近い低い位置に居ます。

 

アスファルトの照り返しの熱を直に受けている上に、熱々のアスファルトの上を裸足で歩くとやけどの危険もあります。

 

 

夏場に犬を散歩に連れていく場合は、早朝の涼しい時間帯と夜間にしましょう。

 

その時も、先に飼い主さんがアスファルトに触れてみて、温度を確認してみるようにします。日没直後などではアスファルトはまだ熱いままなので、気をつけましょう。

 

 

散歩中も飲み水を持ち歩き、こまめに給水してあげるようにしましょう。

 

 

熱中症かもしれないと思ったら

熱中症の症状は嘔吐・下痢・元気消失・脱水症状・ふらつき・意識不明などがありますが、犬によって個体差があります。

 

少しでも気になることがあればすぐに受診しましょう。

 

また、意識不明といった重症の場合は、体を保冷剤などで冷やしながらすぐに動物病院へ行かなくてはなりません。

 

緊急で受診する場合は前もって連絡を入れておくことで、病院側も前もって準備ができるため処置がスムーズに進みやすくなります。

 

 

梅雨から夏の時期の高温多湿の環境は少しの油断が熱中症の原因となります。

 

愛犬に合ったグッズや対策で愛犬を夏の暑さから守りましょう。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る