犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

夏の散歩に気をつけて!絶対に知ってほしい5つの暑さ対策とは?

2017-11-18_070445

 

 

真夏の暑い日にも、春や秋と同じようにお散歩させてはいませんか?

 

犬にとって、暑い日のお散歩は、体にとても負担がかかります。

 

暑い日には、アスファルトが50度近くまで暑くなってしまう日もあります。

 

 

こちらでは、夏の散歩をする時の、暑さ対策についてお話しします。

 

Sponsored Link

 

夏の暑さ対策は?

2017-11-18_070600

 

 

①時間帯を考えて

 

午前中からお昼過ぎにかけて、どんどん気温が上がっていきます。

 

出来れば、朝のお散歩の時間をいつもより早い時間に変更してあげるといいでしょう。

 

夕方の散歩も、いつもより遅い時間に変更して、出来るだけ涼しい時間帯に連れて行ってあげましょう。

 

 

②常に冷たい水を持って

 

夏の散歩では、犬は喉が渇きやすくなっています。

 

公園へ行った時、ドッグランへ行った時に、すぐに水が飲めるようにしてあげます。

 

飲み水用のお皿も忘れずに持ち歩きましょう。

 

 

③冷えたタオルを持ち歩く

 

冷たく冷やしたタオルを持ち歩いていると、犬が暑そうにしている時、散歩の途中での休憩時間になど、頭に乗せてあげたり、脇や内股にあてて、冷やしてあげてもいいでしょう。

 

気持ちよさそうにするかもしれません。

 

嫌がる場合は、無理強いはせず、やめてあげましょう。

 

 

④靴を履かせる

 

ワンちゃん用の、靴下や靴、サンダルがたくさん売られています。

 

靴を履けば、直接暑いアスファルト肉球が触れることなく散歩をすることをすることが出来ます。

 

ネットショッピングでも買うことができるので、いろいろ見て選んでみましょう。

 

 

⑤UVカットの服を着せる

 

夏は暑いから、服を着せてはかわいそうだとは思っていませんか?

 

犬用の服には、UVカット効果のある服も売られています。

 

 

他にも、メッシュ素材の涼しげなものもありますし、強い日差しが直接体に当たらないという利点もあります。

 

服は、慣れていないと嫌がってしまう子もいるので、小さな頃から慣れさせておくといいでしょう。

 

 

熱中症に気をつけましょう

2017-11-18_071059

 

 

暑い日には、広い公園でたくさん走らせすぎたり、長時間の激しい遊びにこちらから誘ってはいけません。

 

フレンチブルドッグシーズーパグなどの短頭種は、特に暑さに弱いので、夏のお散歩の時間は注意してあげなければいけません。

 

外での激しい遊びは、短時間で切り上げ、ゆったりと散歩をしてあげましょう。

 

 

熱中症は、命にも関わることもある、大変危険なものです。

 

少しでも様子がおかしくなったら、すぐに動物病院へ連れて行き、処置を受けましょう。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る