犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

中型犬を長生きさせる方法!

2435905164_c18cf4553c

 

 

中型犬は大型犬と比較すると、平均寿命は長く12歳から15歳と言われています。

 

一昔前と比較すると、小型犬並の平均寿命になっているわけですが、これには、様々な病気に関しての予防薬が登場したということ。

 

他にも、肉体のことを考えた良質なドッグフードが登場したということも、非常に大きな理由の一つでしょう。

 

 

Sponsored Link

 

これは中型犬だけの対策ということではなく、大型でも小型でも、犬全体に共通して言える長寿対策なのですが、基本的にはストレスを与えないことが重要だと言われています。

 

 

人間もストレスによって、様々な病気を引き起こしますよね。

 

病は気からというのはよく言ったもので、ストレスによって心が蝕まれてしまうと、肉体にも大きな影響を与えるとされているのです。

 

こういった点では人間でも犬でも一緒だということなのです。

 

 

 

それでは、中型犬などが、ストレスを感じる場合というのは、どういった状況なのでしょうか。

 

一番のストレスになるのは、運動不足とされています。

 

飼ったはいいものの、仕事などで忙しく、屋内で飼えることをいいことに、散歩にまったく連れて行かないといったような生活を送らせているのであれば、残念ながら長生きさせることは難しいでしょう。

 

散歩をしっかりとさせてあげることが大事であり、より長生きをして欲しいと考えているのであれば、その犬の年齢に合わせた適正運動量までを考えてあげるということです。

 

 

 

更にいえば、住居環境を落ち着かせてあげるということです。

 

屋内で飼う方が多くなっていますが、犬の居場所というものを作らずにいる方が多いものです。

 

本来犬という生き物は、あまりを何かに囲まれた狭い空間を好む傾向がありますから、出来れば屋内で飼う場合でもハウスを用意してあげることは大事なのです。

 

 

そしてハウスの周囲をサークルで囲み、ワンちゃんだけのテリトリーを作ってあげることが大事なのです。

 

これをすることにより、落ち着いた住環境を整えてあげることができ、長生きさせる事が出来るのです。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬の基礎知識   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る