犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

犬のトイレトレーニングは最初が肝心!代表的な3つの方法まとめ

2017-10-19_083314

 

 

犬のトイレのトレーニング法には、さまざまな方法があります。

 

犬の性格や、家の中でどれだけスペースがとれるかなどを考慮して、トレーニング法を選びましょう。

 

 

トイレトレーニングのコツは、失敗を叱らずに、成功を褒めてあげるということです。

 

叱ると、排泄自体悪いことだと思い、隠れてするようになることもあります。

 

Sponsored Link

 

トイレトレーニングには、いくつか種類があります

 

クレート法

 

クレートとは、プラスチック性の運べる、犬が入る箱のようなもので、バリケンとも呼ばれています。

 

①犬をクレートの中に入れます

ごはんや、トイレ、遊ぶ時間以外は、クレートの中から出しません。

 

②トイレのタイミングでだしてあげる
そろそろ排泄の時間かなという頃に、クレートからだしてトイレに連れて行きます

 

③うまく排泄が出来たら褒める
トイレの中でおしっこやウンチが出来たら、よく褒めてあげます。ご褒美を与えてもいいでしょう。成功する事が増えたら、排泄の後広い部屋で遊ばせてあげます。

 

 

サークル法

 

狭くしたサークルの中のベッド以外の場所全てにペットシーツを敷きます。

 

①普段は犬をそこで生活させます
そのまま、おしっこかうんちをするのを待ちます。出たら、たくさん褒めます。

 

②少しずつサークルを広くする
上手く排泄が出来たら、サークルを少しずつ広くします。

 

③しそうになったらサークルへ誘導する
排泄しそうになったら、サークルへ連れて行きます。

 

④サークルの一面をとりはずす
失敗が少なくなったら、サークルの一面を外し、自らトイレに入れるようにしてあげます。

 

 

ペーパー法

 

広いスペースのトイレから、だんだん狭くしていくという方法です。

 

①スペースを広くとり、ペットシーツを敷き詰める
トイレを置きたいと考えている場所のあたりに、ペットシーツや新聞紙を広げます。

 

②排泄ができたら褒めます
そこで上手に排泄が出来たら、褒めてあげましょう。

 

③失敗が少なくなったら狭くする
排泄の失敗が減って来たら、4分の3、次は2分の1のように、どんどんトイレスペースを狭くしていきます。

 

④最後にはトイレの広さにする
だんだん狭くしていって、最終的にはトイレの広さまで狭めす。トレーニングが完了です。

 

 

犬のペースにあわせて、気長にしつけて行きましょう

2017-10-19_083445

 

 

犬のトイレトレーニングは失敗をさせないというポイントを押さえていれば、きちんとしつけることが出来ます。

 

子犬が家に来たその日から、しつけを始めることも大切です。

 

焦らずに、犬のペースに合わせ、たくさん褒めて楽しくトレーニングを行いましょう。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬のしつけ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る