犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

後からでは手遅れ!犬のケージ飼いによるメリットと注意する事とは?

2017-10-18_200208

 

 

ケージ飼いは、かわいそうなことだと思われがちですが、どうなのでしょうか?

 

実はケージ飼いには、さまざまなメリットがあります。

 

 

こちらでは、そのメリットや、注意するポイントなどをお話しします。

 

Sponsored Link

 

ケージ飼いによるメリット

2017-10-18_200322

 

 

①人間の生活スペースが汚れない

 

ケージで生活している場合、中にトイレを用意しています。

 

ケージの中で排泄してくれるので、生活スペースが汚れなくなります。

 

 

②盗み食いやイタズラの心配がない

 

家の中に放し飼いでお留守番だと、犬の盗み食いやイタズラの心配があります。

 

お留守番中に、人間の薬を飲んでしまった、生ゴミをあさっていた、たまねぎやチョコレートを食べてしまっていたということもあります。

 

ケージでお留守番の場合は、そのようなことが起きません。

 

 

③来客時にも安心

 

犬嫌いのお客さんや、赤ちゃん連れのお客さんが来ることもあります。

 

犬がケージの中にいてくれれば、安心して招くことが出来ます

 

 

ケージ飼いをする上で気をつけたいこと

2017-10-18_200909

 

 

①家に来たその日からしつける

 

初めに放し飼いにしていて、それからケージ飼いに帰るというのは、犬にとってとても苦痛です。

 

ケージで生活することが当たり前だと認識させるために、家に来たその日から徹底して行いましょう。

 

 

②きちんと運動をさせてストレスをためない

 

ケージの中では、思いっきり走ることは出来ません。

 

運動不足はストレスがたまりますし、健康にもよくありません。

 

ケージ飼いの犬でも、毎日外へ連れ出し、広いところで思いっきり走らせてあげましょう。

 

 

③ある程度の広さを確保する

 

ケージ飼いには、寝床、トイレ、食事をするところなど、ある程度広さが必要になります。

 

 

犬は、トイレのすぐ横では眠りたくありません。

 

人間も同じですよね。

 

寝床とトイレも、ある程度離してあげたいので、狭すぎないケージを用意しましょう。

 

 

④十分にスキンシップをとって信頼関係を築く

 

犬は、1人では生きていけませんし、寂しい思いをしてストレスも溜まってしまいます。

 

なにより、ケージの中で暇な時間を過ごすことも苦痛なのです。

 

遊んであげられる時間は、思いっきりスキンシップをとり、愛情を注ぎましょう。

 

 

⑤罰としてケージに入れてはいけない

 

何か悪いことをした時の、罰を与えるためにケージに閉じ込めてはいけません。

 

 

ケージに入ることが嫌なことであると認識してしまいます。

 

 

犬を迎える前にケージ飼いにするかを決めておきましょう

2017-10-18_195843

 

 

家に来た日からケージ飼いで、きちんとスキンシップをとり、思う存分に運動をさせていれば、そんなにストレスはたまらないでしょう。

 

 

自分の家の広さや、生活環境を考え、放し飼いにするかケージ飼いにするかを決めてから飼いましょう。

 

 

 


Sponsored Link

 

犬のしつけ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る