犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

犬の感情別に表現方法をわかりやすくまとめてみた!【パート1】

2016-04-01_103337

 

 

犬は人間の言葉を持たない代わりに様々な方法で自分の気持ちを表現しています。

 

顔、目、耳、しっぽ、しぐさ、鳴き声など体の色々な部分を使って多種多様な感情を相手に伝えています。

 

その中には「カーミングシグナル」と呼ばれる、不要な争いを避けるための合図も含まれています。

 

 

これらを知れば、犬たちをより深く理解できるようになるでしょう。

 

それでは特に知っておくと便利な犬の表現方法をいくつかご紹介したいと思います。

 

Sponsored Link

 

 

1. あくびをする

犬はリラックスしているときだけではなく、緊張しているとき、不安になっているとき、そして相手に不快感を伝えるために「あくび」をします。

 

 

あなたの愛犬は叱られている最中にあくびをしたことはありませんか?

 

 

このとき、「人が叱っているときにあくびをするなんて何て奴だ!」と思わないでください。

 

この場合の「あくび」は冒頭で触れたカーミングシグナルの一つと考えられます。

 

「落ち着いて。そんなに叱らないで」というメッセージなのです。

 

決して悪態をついているわけではありませんのできつく叱ったりしないでくださいね。

 

 

初対面の犬を見たとき緊張してあくびをすることがあります。

 

このときの「あくび」もカーミングシグナルで自分の緊張をほぐすためだけではなく、相手に対し、「争うつもりはありません」と伝えている場合が多いのです。

 

 

またスキンシップをされているときに犬があくびをしたら「やめてほしい」という意思表示の可能性がありますので注意してみてあげてください。

 

 

2. しっぽを振る

あなたは「犬がしっぽを振っていたから喜んでると思って近づいたのに、咬まれそうになった」なんて経験をしたことはありませんか?

 

 

犬が喜びを表すときにしっぽを振ることはよく知られていますが、実は「警戒しているとき」「緊張しているとき」「不安を感じているとき」にもしっぽを振るんです。

 

 

喜んでしっぽを振っているときには耳がしっかりと立ち、付け根から左右に水平に大きく振ります。

 

耳を伏せているとき、しっぽを低い位置やピンと立てた状態で振っているときには人間に対して「怖い!近づかないで!」と警戒心を伝えています。

 

刺激しないように気を付けてください。

 

 

このように犬は「しっぽを振る」というひとつの動作でいくつかの感情を伝えています。

 

「しっぽをふっている」=「喜んでいる」と思い込まず、犬の表情や耳の状態、体の動きや硬直加減を見てその子がどんな気持ちでいるのかを汲み取ってあげてください。

 

 

3. 体をブルブル振ったり、首を掻いたりする、鼻を舐める

体が濡れているわけでないのに体をブルブルと振るのは、自分の緊張状態をほぐすためです。

 

首を掻いたり、鼻を舐めたりする行為も同じ目的で行われます。

 

 

 

犬がこのような行動をしたら、その前後に何か不安やストレスを感じたということになります。

 

 

4. 頭を下げてお尻を高くし、体を伸ばす

あなたの愛犬は上半身を低くして前足を伸ばし、尻尾を振ることはありませんか?

 

 

これは「遊んで、遊んで」と伝えています。

 

短時間でもいいので相手をしてあげてください。

 

相手をするのが難しいときには、「今、忙しいから後で遊ぼうね」とスキンシップしながら声をかけてあげるといいでしょう。

 

 

5. 前足でタッチする

「こっちを向いて」と注意を自分に向けたいときにするしぐさです。

 

 

おなかが空いたとき、遊んでほしいとき、奇妙な物音が聞こえて不安に感じたときなどに出やすい行動ですので愛犬が何を伝えようとしているのか感じ取り、対応してあげてください。

 

 

いかがでしたか?

2016-04-01_103226

 

 

犬は非常に感情豊かな動物です。

 

ここでご紹介したのはそのほんの一部です。

 

 

興味を持たれた方は是非、犬たちの感情表現の世界について調べてみてください。

 

さらに多くの驚きと発見があるはずです!

 

 

 


Sponsored Link

 

犬との付き合い方   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る