犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

老犬にオムツを使うメリット・デメリットは?人間用を代用する時のやり方や注意点は?

2016-05-03_103722

 

 

老犬を飼育している飼い主様の悩みで、最も多いといわれているのが排泄の問題だといわれています。

 

高齢になるにつれて、関節に負担がかかることから歩行が困難になってしまったりしますので、必然とトイレも困難になり、粗相をしてしまうからです。

 

粗相をされてしまうと、掃除がとても大変で、犬にかかる時間が増えてしまいます。

 

 

そんな時にぜひ、使っていただきたいのが犬用のオムツになります。

 

今回は、老犬のオムツについてご紹介していきたいと思います。

 

Sponsored Link

 

 

老犬に対してしてはいけないこと

2016-05-03_104820

 

 

先ほども述べましたが、関節に負担がかかり歩行が困難になるにつれて、自分の力で歩けなくなるので、漏らしてしまうことがでてきます。

 

更に関節以外にも、高齢になると膀胱の筋肉が弱まることも、おもらしをしてしまう原因の1つと言われます。

 

 

こうなると、飼い主様にも負担はかかってしまい、成犬のときは出来ていたので、急に失敗することから、どうしても怒ってしまいがちですが、粗相で叱ることはしないであげてくださいね。

 

犬はとても賢い生き物ですので、どこにトイレスペースがあるのか把握しているのに、体が思うように動かなくなってしまうことで、犬自身もたいへんストレスを抱えているのです。

 

まず、この気持ちをよく理解し、大きな心で優しく接してあげてくださいね。

 

 

オムツを履かせる前の注意点

2016-05-03_105138

 

 

今までオムツをしたことがない犬が、いきなりオムツをつけられることは、もちろんストレスとなって破く個体も少なくありません。

 

ですが、オムツをしないと排泄の問題が出てくることもあるでしょう。

 

では、どうすれば慣れないオムツを大人しくつけてくれるのでしょうか?

 

 

まず、オムツは最初から1日中付けるということは避けましょう。

 

飼い主様やご家族のどなたかがいらっしゃる時に、短い時間からつけて慣らしてあげてくださいね。

 

 

もちろん、汚れたら定期的に交換しましょう!

 

汚れたまま使用していると、人も同じですが、老犬も不快感を覚えてしまいます。

 

オムツの履かせ方も、とてもシンプルで、シッポの穴にシッポを通し、腰部分にテープで止めるだけのいたってシンプルな仕組みとなりますので、初めての方でも気軽に使うことができますよ。

 

ちなみに、シッポが短い犬は、脱げ易いので、サイズはきっちり会うサイズの購入をおすすめします。

 

 

また長毛種の場合、排泄物や季節等でお尻周りがかぶれ易いこともでてきますので、このような場合、ある程度お尻周りの毛をカットしておくと、清潔に使うことができます。

 

不衛生なまま交換せずに置いておくと、細菌が繁殖したり、膀胱炎といった病気を発症しかねません。

 

 

オムツを履かせるメリット

オムツを使用するメリットは、やはり部屋や犬の体が汚れることを防げることになります。

 

排泄を失敗するたびに、敷物や床を汚すようでは、飼い主様の負担ははかりしれませんし、犬にも負担です。

 

オムツを履かせるメリットは、やはり「汚れを減らせる」ということになりますね。

 

 

オムツを履かせるデメリット

・コストパフォーマンスの悪さ

 

・腰周りの毛がすれて、ハゲたり抜けたりする

 

・蒸れて、皮膚に炎症を起こしやすい

 

といったことが上げられます。

 

 

人間用のオムツは使えるのか?

2016-04-04_235926

 

 

少し工夫が必要ですが、実際に人間用のオムツを使用している方も多いです。

 

なぜなら、値段が犬用と比べると安くすみますし、人用として作られていますので、吸収率や消臭が強いのが、最大のメリットになります。

 

 

もし、オムツを使う回数がふえているのであれば、小型犬は赤ちゃん用を使用し、大型犬なら人間用を使ってみてはいかがでしょうか?

 

そのまま使うと、大きいいのでシッポを通す穴を開けておく必要があります。

 

 

また、人間用のオムツを代用するのであれば、サイズ選びが比較的難しいといわれていますので、最初は少量の物から購入して、サイズを確認すると良いでしょう!

 

 

※人間用オムツを犬に使う参考動画

 

 

まとめ

2016-05-03_110134

 

 

老犬は関節が悪くなってしまい、ひどい老犬では自力で歩行が困難となり、排泄するにも飼い主様の手伝いが必要となってきます。

 

粗相をしても、怒ったりせず、安心して排泄できるためのオムツを使うといいでしょう。

 

オムツを履かせることによって、排泄物で部屋が汚れることを防ぐことができす。

 

 

また、人間用を代用する飼い主様も多く、圧倒的にコストパフォーマンスがちがうといわれています。

 

サイズは、人用になっていますので、子犬ようでしたら赤ちゃん用を用い、大型犬クラスで人用がオススメです。

 

 

 


Sponsored Link

 

愛犬を守る 老犬について   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る