犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

絶対に知っておくべき!愛犬の命を守る5つの暑さ対策

2016-02-15_220040

 

 

この数年、地球温暖化の影響で、日本中あらゆる場所で、観測史上の最高気温が塗り替えられています。

 

日本の梅雨・夏の高温とジメッとした湿度の高さは、犬にとっては大変な苦痛。

 

 

特に年間平均気温があまり高くならない、ヨーロッパの国々から来た犬種にとっては辛い季節です。

 

長年の交配により日本の気候に順応してきていますが、やはり夏の暑さは大敵ですね。

 

夏を乗り切る「愛犬のための暑さ対策」について考えてみました。

 

Sponsored Link

 

 

1.身近に新鮮な飲み水を!

2016-02-15_220541

 

 

犬は人間のように発汗で体温調節をする事が出来ません。

 

汗腺は足裏の肉球にのみあり、あえぎ呼吸つまりハアハアと口を開けて息をしながら体温を下げようとします。

 

これは舌や気道にある水分の気化熱を利用するための行動です。

 

 

ですので、欲しい時に欲しいだけ新鮮な水を飲めるよう準備して下さい。

 

夏場は水がすぐに熱くなるので、新しい水の補給回数・容器の置き場等も工夫しましょう。

 

私達人間は、よく冷えた飲み物が美味しく感じますが、犬には冷蔵庫などで冷やした水はあまりお勧めしません。

 

特に夏場は下痢・食欲不振などを起こしやすく、体調管理が難しい時期ですので、あまり冷たいものは逆効果です。

 

 

2.室内の温度調節を!

2016-02-15_222645

 

 

夏場、エアコンなしの締め切った部屋の室温は、直ぐに30℃を超えます。

 

特に注意が必要なのは熱中症。

 

上昇した体温を上手く放熱できずに不調をきたす病気ですが、最悪の場合は命の危険に晒されます。

 

遮光カーテン等を利用しながら上手く室温を管理して下さい。

 

 

私たちが「少し暑い」と感じればパートナーは「暑くて息苦しい」と感じています。

 

 

また意外に多いのが「車内でかかる熱中症」。

 

たとえ5分でも愛犬を車内に置くのは危険ですので、絶対に放置しないで下さい。

 

 

パートナーの様子が、元気がない、呼んでも反応しない、目が充血している、ぐったりしている、ヨダレが多い等、普段と変わった様子が見られたら、水などを(氷水は厳禁)体にかけて、涼しい場所に移動させ、体を冷やして下さい。

 

その後すぐにかかりつけの獣医に。

 

自宅での初期の対応が最も大切です。

 

 

3.暑さ対策グッズを!

2016-02-15_223012

 

 

マット・パネル・ウエア等様々な「暑さ対策グッズ」が出回っています。

 

ですが一部のアルミパネル等は、エアコンで冷えた室温の影響で体が冷えすぎる事もありますので、パートナーの様子を観察しながら有効に利用して下さい。

 

 

4.散歩時間の工夫を!

2016-02-15_223415

 

 

一日のうち最も高温になる正午前後の散歩を避けるのは、皆さん実行して見えるでしょうが、意外に危険なのが夕方の散歩です。

 

 

太陽熱で温められたアスファルトは温度が下がるまでに長い時間が必要。

 

つまり人が涼しいと感じる夕方の時間帯も犬にとっては快適な気温ではありません。

 

アスファルトに手を触れて、少し温かいと思ったら散歩は控える方が無難です。

 

 

特に小型犬・短足種・短頭種など体高の低い犬種は、アスファルトの熱の影響を受けやすいので要注意です。

 

夜遅くの散歩または早朝の散歩など散歩時間を工夫してあげて下さい。

 

 

5.被毛のお手入れを!

2016-02-15_224651

 

 

毛を梳いてあげる事で、体温の上昇を少しでも和らげる事が出来ます。

 

夕方の気温が下がった頃にブラッシングをし、被毛の間に空気を取り入れてあげて下さい。

 

 

また長毛種のパートナーはやや短めにトリミングし、被毛にこもり易い熱を、発散しやすくするのも良いでしょう。

 

ですが、皮膚が直射日光にさらされるほどの短いカットはお勧めしません。

 

犬の皮膚の厚さは、人間の5分の1程しか無く、暑そうに見える被毛にも大切な役割があります。

 

地肌が見える程のサマーカットは、皮膚を傷つけかえって逆効果になる事があるので、避けられた方が良いです。

 

 

様々な暑さ対策を工夫し、パートナーの体調を見ながら、元気に暑い夏を乗り切らせる事がドッグオーナーとしての大切な務めです。

 

 

 


Sponsored Link

 

愛犬を守る   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る