犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

準備は万端ですか?犬の命を助けるペットの防災対策とは

2016-02-13_200147

 

 

2011年に発生した観測史上最大の地震「東日本大震災」。

 

多くの犠牲者を出し、自然災害の恐ろしさと、日常の災害対策の大切さを私達に教えてくれた未曾有の悲劇は、まだまだ記憶に新しいのではないでしょうか?

 

 

特に沿岸部では多くの人命が失われましたが、同時に多くのペットも犠牲になりました。

 

災害後に、家族の一員であるペットの被災状況が環境庁から発表されています。

 

命は助かっても負傷したり、避難の際飼い主と離れ離れになったり、原子力発電所の事故により警戒区域に指定され放置されたりと、震災の被害は多くのペット達にも及びました。

 

災害後も「避難所におけるペット受け入れ状況の曖昧さ」が問題視され、避難生活への不安はペットオーナー誰もが感じているものです。

 

 

では愛犬家として、大切な家族の一員であるパートナーを守るために、私達はどのような事を心がけ準備すれば良いのでしょうか?

 

震災後のアンケートをヒントに主なものをまとめてみました。

 

Sponsored Link

 

 

フード・水の準備

2016-02-14_213059

 

 

犬も災害後はナーバスになり、食欲低下が起こりやすくなります。

 

できる限り普段と同じフードを与えるのがベスト。

 

 

2~3日分のフードを準備し、手軽に持ち出せる場所に置いておきます。

 

 

また東日本大震災後のアンケートで、最も困った事の中に水分補給があります。

 

水もペットボトル等で準備して下さい。

 

人の災害備蓄の水を少し多めに置かれると賞味期限などのチェックに便利です。

 

特に無添加のフードは賞味期限が短いのでこまめにチェックして下さい。

 

 

ペットシーツ・毛布・タオルの準備

2016-02-14_213317

 

 

トイレの問題もあります。

 

特にペットシーツは多めに準備されると便利です。

 

トイレだけでなく嘔吐等の緊急の場合にも活躍します。またニオイ漏れの少ない処理袋もあると便利ですね。

 

 

そして毛布も必需品です。

 

寒さ対策に利用するだけでなく、ペットの不安解消にもなります。

 

できる限り普段自宅で使用していた物を用意する事をお勧めします。

 

我が家のゴールデンはとても神経質なので、環境が変わると不安になり体調を崩してしまいます。

 

ですのでペットが使わなくなった毛布を洗濯し残してあります。

 

タオルも古いもので良いのでまとめて置いてあると便利ですね。

 

 

避難用のキャリー・首輪・リード

2016-02-14_213657

 

 

これらは特別に準備されていなくても、普段ペットの周りにありますので、大丈夫です。

 

ですが常に同じ場所に置かれている事が重要です。

 

 

緊急の場合「リードは?」なんて探すのは大変ですからね。

 

 

迷子札・ペットの写真

2016-02-14_213841

 

 

できる限りパートナーと一緒に非難する事が良いのですが、緊急の場合どうしても別れ別れになってしまう事もあります。

 

 

東日本大震災で、飼い主を探し続けるペットの姿をご覧になって、心を傷められた愛犬家も多いのではないでしょうか。

 

 

福島では、避難用のバスはペット不可で、泣く泣くペットをおいて避難した方がたくさんいます。

 

大切なパートナーを探すために「迷子札・写真」は必需品です。

 

 

また最近「マイクロチップの装着」も話題になっています。

 

迷子になった時に「リーダー」という機械で飼い主を探す事が出来ます。

 

まだまだ普及が進んでいないのが現実ですが、装着を検討されるのも一案です。

 

 

避難場所の確認

2016-02-14_214138

 

 

お住まいの市町村で発行する「地域防災計画」などのパンフレットにペットに関する記述がありますでしょうか?

 

 

もし記載されていないようでしたら、「避難所のペットの受け入れ可否・動物救護の拠点施設」を市町村窓口でお尋ね下さい。

 

 

地域によりペット不可の避難所を設置していますので、普段からパートナーと一緒に避難できる避難場所を確認しておくようにしましょう。

 

またペットの怪我・病気等の対策として「動物救護の拠点施設」情報も知っておいて下さい。

 

 

我が家は大型犬の多頭飼いですので、問題は深刻です。

 

避難所には犬が怖い・嫌い等の人も一緒に避難します。

 

ですので小型のテントを準備しました。

 

これだと不安がるペットと一緒にいてやる事も可能ですし、ほかの人に迷惑をかけないという配慮からです。

 

 

災害時のペット救済は、全国的に広がりを見せています。

 

市町村の対応のみを期待するのではなく、ペットオーナーとして大切な家族を守る意識と備えが特に大切です。

 

 

 


Sponsored Link

 

愛犬を守る   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る