犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

愛犬との散歩を楽しむために飼い主が知っておくべき4つの大切な事

2016-02-29_205118

 

 

愛犬は人生のパートナーとして飼い主に様々な喜びを与えてくれます。

 

その一つが愛犬と一緒に歩く朝晩の「お散歩」ですよね。

 

一方、愛犬にとっても、お散歩は、飼い主と触れ合う楽しみの時間です。

 

 

この楽しい時間を共有するためにも、愛犬家として気を付けなければならない事もたくさんあります。

 

「お散歩」で注意する事をまとめてみました。

 

Sponsored Link

 

 

回数・時間は天候や体調で決める

2016-02-29_205345

 

 

よく雨の中を黙々と散歩している愛犬家を見かけますが、これは楽しいお散歩なのかと首をかしげる時があります。

 

雨の中を散歩する理由は様々でしょうが、朝・夕決まった時間の散歩が習慣になって、お外でないとトイレが出来ないのでしょうか?それとも散歩に行こうと愛犬が騒ぎ出すのでしょうか?

 

 

散歩は犬と飼い主のスキンシップ・しつけの時間であって、トイレタイムでは無いと思っています。

 

我が家では飼い主の生活リズムが日によって変わるので正確な時間帯の散歩は出来ません。

 

ですので、今日の散歩は行けなくて、明日はたっぷりスキンシップという、比較的不規則な散歩を楽しんでいます。

 

 

また愛犬だけでなく飼い主が体調が悪い時もありますよね。

 

その時いつものお散歩が出来なければ、パートナーは騒ぎ出し、ストレスを溜める事にもなりかねません。

 

また雨に濡れながらの散歩は犬の体温を奪いますし、飼い主にとっても義務だけの辛い散歩になりがちです。

 

体調や天気等状況を見ながらの散歩も大切なのではないでしょうか?

 

 

パートナーも飼い主も楽しめるお散歩タイムを

2016-02-29_210339

 

 

もしあなたが犬のリーダーであれば、愛犬にとってお散歩タイム程楽しい事はありません。

 

何しろリーダーと共にお外を歩くのですから。

 

つまりパートナーのリーダーとしてその役目を果たしながら散歩をする事がポイントとなります。

 

行き先・コースを決めるのはリーダーの役目ですので、散歩コースは不規則な方が良いのではないでしょうか?

 

 

そうする事で、飼い主も散歩を楽しめますし、パートナーも誇らし気にリーダーと共に歩くのです。

 

 

この散歩タイムが犬のストレスを発散させるのであって、ただ長い時間歩くだけなら筋肉を鍛えるための運動になってしまいますよね。

 

是非一緒に楽しめる「お散歩」を実践して下さいね。

 

 

犬が苦手な人も居る事を忘れないで

2016-02-29_210636

 

 

「こんなに可愛いパートナーを嫌がるなんて信じられない!」と思っていませんか?

 

もちろん私も大の愛犬家ですから、とても良く理解できます。

 

ですが、犬が嫌い・怖いという人もいます。

 

何もしないからとノーリードで遊ばせたり、人混みの中でリードを伸ばしたまま散歩させたりは厳禁です。

 

思わぬトラブルを起こす事にもなりかねませので、最低限のルーヅは守りましょうね。

 

 

犬連れ旅に夢中の私はどこへ行くにもパートナーと一緒です。

 

ですが、公園や高速道路のPA等で、放置された排泄物を見るととても悲しくなります。

 

きっと同じ思いの方もたくさんみえるでしょう。

 

日本も欧米のようにペット先進国となり、バス・デパート・電車とどこにでも犬と一緒に行動が出来る国になれるよう、排泄物の処理は全てのオーナーが心がけたいマナーですよね。

 

 

愛犬が社会性を身に付ける散歩

2016-02-29_211158

 

 

散歩を愉しむもう一つの目的が「パートナーに社会性を身につけさせる」と言う事があります。

 

これは多くの物を見せ、季節の移ろいを感じさせ、多くの人や犬に会わせてあげる事です。

 

 

 

社会の一員としての役割を担う犬とは、介護犬・盲導犬ばかりではありません。

 

ドイツ等ペット先進国と言われる国では、バスに犬と乗っても、日常的で自然な事として誰も特に気に留めません。

 

これこそ全ての犬が社会性を身に付け、飼い主がリーダーとなる素晴らしいペット先進国だと思われませんか?

 

 

 


Sponsored Link

 

愛犬を守る   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る