犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

愛犬が突然びっこをひき出した!原因は?対処法は?

2016-02-26_220611

 

 

お散歩中にびっこをひいている犬を時々見かけますが、犬がびっこをひくのには、様々な原因があります。

 

もし愛犬がびっこをひきだしたら、まず前足か後ろ足かをよく観察して下さい。

 

犬のびっこはほとんどが後ろ足ですが、たまに前足をひく事もあります。

 

対処の方法が異なりますので、どのようにびっこをひくかをよく観察する事が大切です。

 

 

では犬がびっこをひくのは何が原因なのでしょうか?

 

 

しびれが原因で起こるびっこ

私たちが正座をしたとき足がしびれますよね。

 

それと同様の事が犬にもあります。

 

 

長い睡眠の後、下にしていた足がしびれ、びっこひく時があります。

 

これは私たちの足のしびれと同様に、数分で直ります。

 

ですので、動き出していつまでもびっこをひいている場合は、他の病気が原因でびっこをひいている可能性があります。

 

 

足の病気で起こるびっこ

びっこの原因として最も多いのが「膝蓋骨(しつがいこつ)脱臼」です。

 

この病気は本来は正常な位置にある骨がずれてしまい、脱臼してしまう事です。

 

ですが、歩くうちに自然に正常な位置に戻り、びっこをひかなくなる犬もいます。

 

あまり何度も繰り返すようでしたら一度獣医に相談して下さい。

 

 

ですが、びっこをひいたまま長く放っておくと、骨が変形して歩行困難になったり、前十字靭帯を損傷してしまう場合もあります。

 

膝の靭帯を損傷すると、足に力が入らなくなり膝の曲げ伸ばしが出来なくなってしまいます。

 

さらに体調を崩してしまい、他の病気にかかる事も。

 

「膝蓋骨(しつがいこつ)脱臼」は、トイプードル・チワワ・ポメラニアン等の小型犬に多いと言われていますが、小型犬でなくて脱臼する子もいますので、早めの処置が大切です。

 

軽度であれば、手術をせずにサプリメント・処方薬で治す事が出来ます。

 

 

次に原因として考えられるのが、「捻挫・骨折」です。

 

犬の足はジャンプに弱く、高い場所にあるおもちゃに向けてジャンプしても骨折する場合があります。

 

ジャンプが得意なフリスビー犬は少しずつ訓練をして、足を鍛えています。

 

ですが普段の生活をしている、ほとんどの犬は、イスの上から下に飛び降りただけでも、捻挫・骨折をおこしやすと言われています。

 

もし捻挫・骨折が原因でびっこをひくのであれば、痛めた場所が少しずつ腫れてくるので意外に判りやすいですよ。

 

もし「骨折かな?」と思ったら、タオル等で固定して、できる限り暴れさせないよう、病院に連れて行って下さいね。

 

 

股関節が弱い犬種では、「股関節形成不全」も考えられます。

 

この病気は生後6ヶ月頃から現れる先天性の病気ですが、びっこをひいたり、スキップをしているような歩き方をします。

 

少し見つけにくい病気ではありますが、散歩中に歩き方をしっかり観察してみて下さい。

 

軽度であれば、手術をせずに投薬で治る場合もあります。

 

 

内臓疾患が原因で起こるびっこ

愛犬が急にびっこをひくと、まず足・骨・関節の病気や怪我を考えつきますが、実は「腎不全」が原因である事もあります。

 

 

腎臓は尿をろ過するだけでなく、ホルモンを産出しています。

 

このバランスが崩れるとカルシウムが減少し、骨が弱くなり硬化してしまう事もあります。

 

これが原因となって、ぎこちない歩き方になってしまうのです。

 

腎不全の場合は、びっこをひくだけでなく、疲れやすい、水をよく飲む、尿の回数が多いなど他にも症状が現れます。

 

命に関わる病気ですのですぐに診察を受けて下さい。

 

 

いずれにしても放置は危険・・・

2016-02-26_221036

 

 

また犬のびっこはほとんどが後ろ足に起こります。

 

もし前足をあげて歩くようでしたら、爪の間や肉球を見てあげて下さい。

 

皮膚が傷ついていても犬はその足を使うことを無意識に避けます。

 

 

パートナーがびっこをひき始めたら、放っておかずにすぐにかかりつけの獣医に相談される事をお勧めします。

 

原因によっては命に関わる事にもなりかねません。

 

 

 


Sponsored Link

 

愛犬を守る   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る