犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

犬が嫌いな人はドイツの犬事情についてどう思っている?

2016-04-02_224645

 

 

ドイツでは犬たちがノーリードで歩いている姿をよくみかけます。

 

日本では“犬を飼うマナー”に反すると思われがちな飼い主の行動ですが、ドイツ人たちはそのようには考えない人も多く、「しつけをきちんとされた犬であればリードでつなぐ必要はない」と考えているようです。

 

一般的に犬好きのドイツ人たちですが、犬が嫌いな人たちはどのように思っているのでしょうか?

 

Sponsored Link

 

 

大型犬ばかりで怖い?

これを書いている私はドイツ在住で、友人が私の住む街へ遊びに来たことがありました。

 

友達は犬がとても苦手です。

 

 

嫌いだという感情ではなく、犬が自分によってくると思うと、とにかく怖いのだそうです。

 

私は彼女のそのような事情を知っていたので、事前に「ドイツは犬が放し飼いにされているよ。犬の数も日本よりも圧倒的に多い」と伝えていました。

 

犬に対する心がまえが必要だろうと言うことで彼女に事前に伝えておいたのですが、旅行中ほとんど彼女がドイツの犬たちを怖がることはありませんでした。

 

 

すべての犬というわけではないですが、ドイツの犬たちはむやみに飼い主以外の人たちの元へ近づいていくことはありません。

 

大型犬であればなおさらそのような傾向にあります。

 

 

しつけの重要性

2016-03-17_223206

 

 

日本やヨーロッパの他の国の犬と比べても、ドイツの犬はきちんとしつけをされていることで有名です。

 

よく「特別なしつけをしているんだろう」と聞かれますが、犬の学校でしつける内容は日本ともほとんど変わらないように思います。

 

ただし、「しつけをきちんと行う」という意識は、間違いなく日本や南ヨーロッパ諸国に比べると格段に高いのです。

 

 

犬を飼う人の多くが、犬を飼い始めたらすぐに犬のしつけ教室に通わせます。

 

街中でうるさく吠えている犬や、飼い主の言うことを聞こうとしない犬はほとんど見ません。

 

もしもそのような犬を連れた飼い主がいれば、周りの人から少し白い眼で見られてしまいます。

 

 

それほど、ドイツ人にとっては犬のしつけは大事なもので、必ず行うべき義務ともいえるものです。

 

もちろん、犬を長年飼っていて、自分でしつけを行える場合には学校に行かせる必要はありませんが、それは犬のことに詳しく、犬を可愛がり、そして厳しく接することの出来る人に限ります。

 

 

ドイツの犬は特別

イギリスや北欧の犬もよくしつけをされているイメージがありますが、南ヨーロッパの他の国に行くと景色の素晴らしさ、食のおいしさを堪能するとともに、ドイツの犬との違いに驚かされます。

 

これは私が日本に帰ると、日本の犬たち、それから飼い主を見て感じることでもあります。

 

 

ドイツの犬たちはとにかく大人しく、飼い主の言うことをきちんと聞いています。

 

もし、しつけをされていない犬たちがノーリードで歩いていたら、もちろん犬が嫌いな人たちにとって耐えがたいものであることはすぐに想像できます。

 

飼い主を困らせたり、自分の好きなところへ自由に動き回るようなしつけのなっていない犬は、リードをつけていたとしても犬が嫌いな人達にとってみれば迷惑以外の何物でもないでしょう。

 

そして、犬好きと犬嫌いの摩擦や温度差が生まれてしまい、もしかしたら犬が苦手な人は犬嫌いに変わってしまうかもしれません。

 

 

そう考えていくと、動物を大切にするということの基本はやはりしつけにあるのではないかと思います。

 

後々しつけのなっていない犬に振り回されるよりも、子犬の時にきちんとしつけて、犬との信頼関係を築く。

 

これは双方にとってもストレスを感じることなく生活が出来るのでとてもよいことではないかと思います。

 

 

最後に

2016-04-02_225342

 

 

私の件の友人はドイツの犬が怖いとは言いませんでしたが、「犬の糞が臭い」とは言っていました。

 

これはベルリンに来れば誰もが思うことです。

 

犬のしつけも重要ですが、飼い主のマナーも大切ですね!

 

 

 


Sponsored Link

 

ドイツの犬事情   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る