犬寿命

犬の寿命をしっかり知って今後の付き合い方を考えるサイト

おすすめ記事

  • 穀物不使用の最高級ドッグフードをプロが実際に購入して徹底レビュー!【詳細はこちら】

ドイツの広い公園で犬たちを遊ばせる3つの見逃せないメリットとは・・・?

2016-04-02_001935

 

 

ドイツでは広々とした公園で犬たちが楽しそうに遊んでいる姿をたまにみかけます。

 

日本ではなかなか見られない光景ではあるのですが、犬大国のドイツではよく見る光景です。

 

 

犬たちを公園で遊ばせることのメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

 

また、犬たちをオフリードで自由に遊ばせることで他の犬と喧嘩したりはしないのでしょうか。

 

Sponsored Link

 

 

犬のストレス解消

2016-04-02_002630

 

 

ベルリンでは犬をオフリードで遊ばせてもよいとされている公園があります(ベルリンではあまりこれにこだわらず遊ばせている気がしますが)。

 

飼い主たちはここで犬を自由に遊ばせて、犬たちのストレス解消に努めます。

 

 

ドイツの犬はしつけが良いと書いてきましたが、厳しいしつけだけでは犬たちのストレスは溜まっていくばかりです。

 

日本のドッグランのような小さなスペースではなく、広大な森の一部は公園になっており、そのまた一部が犬の運動用に開放されています。

 

犬たちはここで犬本来の姿になって遊ぶことが許されているのです。

 

 

このような大きな公園で自由に遊びまわることが犬たちにとっては最大の幸せなのではないかと思います。

 

犬が犬らしく、遊べる場所があるということは本当に幸運なことです。

 

 

(もちろんベルリンにもオフリードで遊ばせていいところ、だめなところがありますので、公園に入る前にきちんと確かめてから犬のリードを外す必要があります。)

 

 

犬同士のコミュニケーションを学ぶ

2016-04-02_003139

 

 

人間には人間のルールがあるように、犬にも犬のルールがあり、犬との遊びの中で学んでいくことがたくさんあります。

 

出来れば多くの犬に触れさせ、その中でルールを覚えていくことが望ましいとされています。

 

 

ドイツではこのような大きな公園で犬を遊ばせることが多いため、多くの飼い主が犬を連れてきますので、たくさんの犬と触れ合う機会が日本よりも圧倒的に多いのです。

 

日本ではドッグランが近くにあれば多くの犬と触れ合う機会が多いとは思いますが、他の犬と触れ合う機会はやはり少ないのではないかと思いますので、他の犬から学ぶ機会を逃してしまいがちです。
 

他の犬と遭遇することは、犬なりのマナーを学ぶチャンスと考えて、積極的に犬同士のコミュニケーションをさせましょう。

 

 

犬の飼い主同士のコミュニケーションの場にもなる

2016-03-29_210201

 

 

また、こういうところで近所の方や飼い主同士でコミュニケーションをしているようにも思います。

 

犬を飼っている人同士、わからないことがあれば聞き合えることはとても役に立ちますよね。

 

近所の方とも知り合いになれるチャンスですし、犬を通じて良い出会いもあるかもしれませんよね。

 

 

少し話がずれますが、最近ではネットが普及し、FACEBOOKなどのSNSでも犬関係のコミュニティが立ちあげられていますよね。

 

何かわからないことがあった場合、そういうところに書き込んでわからないことを解決している人も多く見られます。
 

ベルリンでは、SNSサイトを通じて日本で言うオフ会のようなものも開催されているようです。

 

犬が遊びに行ける公園に集まり、犬同士を広い公園で遊ばせている間、飼い主同士も交流を図るというもの。

 

犬同士のコミュニケーション、それから新しい人と出会うチャンスでもありますので、そういうグループを見つけたら参加してみるのも良いかもしれません。

 

 

最後に

2016-04-02_003605

 

 

ドイツの犬が幸せだなと思うことはとにかく広い公園を自分が好きなだけ走り回れることです。

 

日本の飼い主さんたちも愛情をたっぷりかけて育てていらっしゃると思うので、犬は幸せだとは思いますが、広い公園で自由に動き回れる点で言えば本当にドイツの犬は幸せだなと思ってしまいます。

 

日本でもいつか広い公園でリードなしで犬たちが自由に走り回れる日が来ればいいですよね!

 

 

 

 

 


Sponsored Link

 

ドイツの犬事情   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る